« 北スペインの旅より帰国しました!(11月名倉・前編) | トップページ | 楽しい食卓・その3「最後の晩餐」(イギリス、フランス) »

2010年12月17日 (金)

北スペインの旅より帰国しました(11月名倉・後編)

印象に残ったの旅の味を教えてください。
名倉:スペインで何度か前菜として出てきた生ハムに一票!

11月、黄葉が美しいオビドス(ポルトガル)

来春以降この方面をお考えの方へメッセージをお願い致します。
名倉:このコースはサンティアゴ巡礼には興味があるけどそんなに巡礼路を歩かなくてもいいかなという方、ポルトガルへ行ってみたいという方にお勧めです。

春には各地で野花が見られ、天国のような景色が見られますが、11月も観光地が空いていてなかなかいいです。
また、2カ国訪れることでイベリア半島の地形を楽しめます。
今回の旅はマドリッドからスタートして北上し、ブルゴスから西へ向かい、そしてポルトガルの北から国境に入り、リスボンまで南下する旅程でした。
「スペインのメセタ(台地)から、ガリシアの山地、そして大西洋の見えるポルトガルに入っていく車窓の変化が面白かった」というお声も頂きました。

地形だけでなく、歴史もつながりがあり面白いです。
スペインではレコンキスタの中心ともなったカスティーリャ・イ・レオン王国の首都ブルゴスを訪れ、ポルトガルではそのカスティーリャ・イ・レオン軍とポルトガル軍が戦い、ポルトガル独立を守ったことを記念して建てたバターリャ(戦いという意味)という土地の修道院も訪れます。
ぜひ自分なりの2カ国のつながりや違いを発見して旅を楽しんでください。

サンティアゴ・ケーキ

名倉さん、有難うございます。10日間の添乗お疲れ様でした!

旅のお土産:サンティアゴケーキ
サンティアゴ・デ・コンポステラのあちこちで目にするサンティアゴケーキ。
アーモンドの香りたっぷりで、しっかりした歯ごたえがある、素朴なケーキです。

みんながよくクッキーを買う女子修道院にも売っているのですが、ここは箱入りではなく、なんと写真の通り、大きな紙皿2枚でサンドされた状態で渡されますのでご注意を。
これを日本に持ち帰るには、ひっくり返さない技術と結構な覚悟が必要です。

化粧箱に入ったものでしたら、サンティアゴのあちこちの食品系の土産を扱うお店にありますのでご安心を。
自由時間にあちこち覗いたり試食して、選ばれるといいでしょう。
目抜き通りのフランコ通りを行けば、あちこちのお店から、サンティアゴケーキ味見しませんかー?と売り子さんが声をかけてきたりします。

>北スペインの旅はこちら

|

« 北スペインの旅より帰国しました!(11月名倉・前編) | トップページ | 楽しい食卓・その3「最後の晩餐」(イギリス、フランス) »

国:スペイン」カテゴリの記事

巡礼路」カテゴリの記事

添乗員インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北スペインの旅より帰国しました!(11月名倉・前編) | トップページ | 楽しい食卓・その3「最後の晩餐」(イギリス、フランス) »