« 思い出の味:スペインのSURIMI | トップページ | 免罪の門(続編) »

2011年10月11日 (火)

巡礼路を歩けば…イケメンに会える?

自転車巡礼者先日聖地サンティアゴへのラスト100kmを歩くツアーから帰国しました。
今日はパンフレット用の風景写真を撮影中についついシャッターを押してしまった、道中であったイケメン?たちをご紹介いたします。

以前ご紹介した風車や羊、ヒースは時期に行けば見られるものですが、巡礼路の人との出会いは一期一会。
同じ人にはなかなかもう出会えませんが、そのあたりはどうぞご了承ください。

まずは、颯爽と追い越していこうとした自転車巡礼団。
スポーティーに巡礼路を駆けて行く自転車の人たちに、私たちはいつも手を振るほうでした。

巡礼者と巡礼犬続いては道中出会ったキュートなおじ様。
近所の散歩かと思いきや、その後の巡礼路で再会。
どうやらお仲間と一緒に歩いていたようです。
でもわんこの方は結構歩いているというよりも抱っこされてる時間が長かったように感じました…

ちょっと一休みのひとこまです。

ちなみに翌日にも出会ったので、私たち同様のんびりペースで歩いていたようです。
barで一息巡礼者
続いても巡礼路歩き中に出会った人です。
私たちがゴールへ向かっていると向こうから手を振る一団。
ビールがおいしそー!
メリーデの手前の町で投宿と思しき巡礼おにーさんたち。
宿が決まったら腹ごしらえ。ビールで乾杯の人は多いです。
天気がいいのでテラス席が人気です。

コンポステラへの巡礼路は一方通行と思われがちですが、帰り道も歩く人だっています。
多くはないですが。。
矢印Tシャツを着こなす巡礼者また、サンティアゴ・デ・コンポステラでは町の郊外に宿をとり、旧市街に歩いて出かける人もいますので、彼みたいに大聖堂の方角から歩いてくる人だっています。
お土産屋にずらっと並んでるカミーノ矢印Tシャツがとっても似合っています。

彼が“右向け右”をすると、矢印が巡礼路と平行になります。
後方に見える3本の塔が、サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂の鐘楼です。

最後に、100kmの道中ずっと写真を撮りたくって探していた、乗馬巡礼者さん。馬上の巡礼者
ついにラスト1.5kmくらいの地点で出会えました。
大きなカメラを持ったおねーさんを引き連れていましたので、何かの撮影かもしれませんが、カッポカッポと巡礼路を進む様はとっても絵になります。
ここは巡礼路がサンティアゴの旧市街に入るポイント。
「道の門」という名前のゲートの所です。
車とすれ違う乗馬も、そんなに違和感なく感じてしまうのが、巡礼路の魔力のような気がします。

(山岸)
>北スペインの旅はこちら

|

« 思い出の味:スペインのSURIMI | トップページ | 免罪の門(続編) »

国:スペイン」カテゴリの記事

巡礼路」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出の味:スペインのSURIMI | トップページ | 免罪の門(続編) »