« 【共通テーマ】遠いアフリカで日本の助けあい精神を再発見 | トップページ | ペンテコステー聖霊降臨 »

2012年5月 8日 (火)

6月、新しいカミーノ映画が公開!「星の旅人たち」(スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路を舞台とした小説や映画はいくつかありますね。
最近ではフランスの「サンジャックの道」がありましたが、
このほど新しい映画が公開されます。

アメリカとスペイン共同制作の映画「星の旅人たち」(原題THE WAY)

6月2日より順次全国で公開予定です

初老のアメリカ人眼科医、トムが本作の主人公。
ある日、彼の携帯にフランス人の警察官からの電話が鳴る。。
ピレネー山中のサン・ジャン・ピエ・ド・ポーの警部は、トムの一人息子ダニエルの突然の訃報を告げます。

医師になる道を捨て、世界を巡る旅の途中
サンティアゴまで800kmの道を歩き始めたその日に、不幸にもピレネー山中で命を落としたのだと。

フィニステレ

夢半ばで亡くなった息子の影とともに、サンティアゴ・デ・コンポステラへ。
途中否が応でも同じ道を行く人と出会い、語り、ぶつかったり慰められたりしながら歩いていく、
まさに、人生は旅、旅こそ人生の縮図、といった物語です。

何より、ただ歩いていくというなんでもないような行為が、
ゆっくりと人の心を溶かし、癒していく道程を優しく描いていてくれて
何だがあくせくと現代社会で戦っている多くの人々に、共感してもらいたいなと思う作品でした。

サンジャックの道」よりも、幻想要素が減って、ドキュメンタリー風なのはアメリカ映画だなと思うところ。
また、スペイン映画でもあるので、主な映像はスペイン側の道や町、モニュメントなので、これからスペイン側を旅するぞという方にもお勧めです。

ぜひ大きなスクリーンで楽しんでください。
(山岸)

サンティアゴ・デ・コンポステラへの旅はこちら
「星の旅人たち」公式サイトはこちら

|

« 【共通テーマ】遠いアフリカで日本の助けあい精神を再発見 | トップページ | ペンテコステー聖霊降臨 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

巡礼路」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

星の旅人たち、見ましたよ。サンチアゴ・デ・コンホステラは前から一度行ってみたかった場所!でも今すぐは行けません。60歳でラスト100kmツアーに参加できるでしょうか?それを目標に身体を鍛えたい!

投稿: フラン | 2012年6月 6日 (水) 22時07分

>フランさん
コメントありがとうございます。
60歳でラスト100km、大丈夫です。まだまだお若い!
過去にこのツアーにご参加された方は、皆様最後まで歩かれましたが、
平均67歳、中には70歳代後半の方もおいでになりました。

多少の勾配もあるコースですが、無理のない行程でご案内しますので、どうぞ完歩を目標にトレーニングなさってください。

投稿: 山岸 | 2012年6月19日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【共通テーマ】遠いアフリカで日本の助けあい精神を再発見 | トップページ | ペンテコステー聖霊降臨 »