« 【共通テーマデー】世界のマーケットで見つけた秋の気配(フランス) | トップページ | 世界あっちこっち教会めぐり~アルメニアのエチミアジン教会~ »

2012年9月 4日 (火)

天使・キューピット(1)~ローマのモザイク(チュニジア・イタリア)

イタリア、シチリア島のカザーレ荘

先週末、第88回自然・人間・文明フォーラムが開催されました。
地中海世界の古代ローマ都市の芸術をテーマに、
チュニジアなどに残るローマのモザイクなどを紹介しました。
ローマのモザイクといえば、チュニスのバルドーやシチリア島のカザーレ荘のものがすぐ思い浮かびます。
カザーレ荘は色々なモザイクがありますが、最近行ってきた添乗員の写真に「漁をするキュピト」たちがよく写っていたので載せてみます。

よく見ると、左の子、ふんどしでスタイルです

チュニス、バルドー美術館の天使

チュニスのバルドー美術館へは、ジャスミン革命の少し前に行き、そのときはまだまだ改装工事中で、展示物が限定されていたのですが、その分ひとつひとつをじっくり見られてとても印象的でした。
(※2012年9月現在、バルドー美術館の修復は続いていますが、モザイクセクションはピッカピカの新館でご覧いただけています)

チュニス、バルドー美術館の天使

今日は、そんな中から天使をいくつかご紹介します。
「ネプチューンの勝利」や「ユリシース」、「9人のミューズ」などの有名作の近所にきっとある、こんなキューピットたちを是非探してみましょう。
ネプチューンなどの側にいるキュピトは。漁をしたり海のドライブに興じています。
(上の子はちょっとやんちゃ。右の子はえらいドヤ顔…)
海豚、海馬、海豹??なんだかよくわからない半魚生物がいっぱいで楽しい。
ツィリスのサンマルティンを思い出します。

チュニス、バルドー美術館の天使

左は、葡萄を収穫するキュピトたち。

この絵を前に、私もお客様も
「老け顔…」
と思わずつぶやいてしまったキュピトちゃん

どこのモザイクでも、表情やしぐさがコミカルで、見ていて飽きません。

古代ギリシャでは、羽の生えた子供は愛の女神アフロディテの子、エロスですが、その愛らしい姿は、のちの時代に天使として描かれます。次回はそんな天使をご紹介します。

(山岸)
イタリアへの旅はこちら
チュニジアへの旅はこちら

|

« 【共通テーマデー】世界のマーケットで見つけた秋の気配(フランス) | トップページ | 世界あっちこっち教会めぐり~アルメニアのエチミアジン教会~ »

国:イタリア」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【共通テーマデー】世界のマーケットで見つけた秋の気配(フランス) | トップページ | 世界あっちこっち教会めぐり~アルメニアのエチミアジン教会~ »