« 春の訪れを感じる風景~ヴェネツィア(ユーラシア旅行社のイタリアツアー) | トップページ | 共通テーマ「一度は行ってみたい世界の絶景」ル・ピュイのサン・ミシェル・デ・ギーユ礼拝堂(フランス) »

2014年3月 4日 (火)

【共通テーマデー】緑が美しい風景~ラヴァルダン~(ユーラシア旅行社で行くフランスツアー)

フランスツアー、フランス旅行 フランスの最も美しい村のひとつ、中部フランスのラヴァルダンを紹介しましょう。
一般的なフランスツアーでは古城めぐりの基点であるトゥール
そしてロマ部員は聖マルタンや、サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路の基点と思うトゥールから北西へ、同じく古城で有名なブルノ方向の、ちょうど中間辺りにある小さな村です。

丘の上には百年戦争の逸話が残る城が廃墟となって村を見下ろしています。
私達の目当ては村の中心にあるサン・ジュネ教会。
バスは、小川にかかる橋を渡って村に入ります。
大型バスで渡れるのか心配になるほどこじんまりとした橋ですが
問題ありません。

フランスツアー、フランス旅行 サン・ジュネ教会は、色んな時代の色んな様式がごちゃごちゃに堂内に残っています。
16世紀頃の新しいフレスコ画、
ちょっと消えかかったロマネスク時代の絵では
最後の審判や、ペリカン、大きな聖クリストファロ、
キリストによる弟子の洗足や天井の天使たちが所狭しと描かれています。
北側の側廊にはエッサイの木と一体化した聖母子像も。

そして窓の辺りにはプレロマネスクの名残か
もっと以前のケルトの影響のような渦巻き模様も刻まれています。

フランスツアー、フランス旅行 渦巻きで思い出す水は、
村の入り口でわたった渡った小川。
ロワール川といいますが、有名なロワール河とはまた別の川です(どこかで注ぎ込む支流のようですが・・)
バスに戻りしな、民家の間の小路を小川へむかうと
小さな木の小屋が見えてきます。
橋を渡る時は、川沿いのテラスのようにみえるのですが、
ここは中世の洗濯場。
滑車をつかって木のテラスを水面にあわせて
そこで川の水でお洗濯できるようになっているのです。

いまではかわいく花が飾られて
おそらく洗濯場としては使われていないのですが
日本の川床なんかを思わせる雰囲気に
離れがたい思いを感じてしまうものです。

(山岸)

ユーラシア旅行社でいくロマネスクツアーの魅力はこちら

ユーラシア旅行社のその他共通テーマブログもご覧ください。

添乗見聞録
【共通テーマデー】緑が美しい風景 ~ガリラヤ湖畔~(イスラエル)


倶楽部ユーラシア
【共通テーマデー】緑が美しい風景 ~カナディアンロッキー~(カナダ)


パゴダの国からミンガラバー
【共通テーマデー】緑が美しい風景 ~バガン遺跡~(ミャンマー)


船の旅便り
【共通テーマデー】緑が美しい季節 ~アマゾン源流~(リバークルーズ)

|

« 春の訪れを感じる風景~ヴェネツィア(ユーラシア旅行社のイタリアツアー) | トップページ | 共通テーマ「一度は行ってみたい世界の絶景」ル・ピュイのサン・ミシェル・デ・ギーユ礼拝堂(フランス) »

国:フランス」カテゴリの記事

美しい村々」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の訪れを感じる風景~ヴェネツィア(ユーラシア旅行社のイタリアツアー) | トップページ | 共通テーマ「一度は行ってみたい世界の絶景」ル・ピュイのサン・ミシェル・デ・ギーユ礼拝堂(フランス) »