国:スペイン

2017年4月20日 (木)

カタルーニャで出会ったぷくぷくマリア様

突然ですが、これは誰でしょう?
ムーラの聖母子像
ロマネスク教会の扉上部で見つけた彫刻です。
向かって左には、そっくりな人たちが3人ずらり。
中央の人物は、幼子を抱えている…
ということは、どうやらマリア様とイエス様のようです。
でもこんなにふっくらと描かれたマリア様は見たことがありません。
先日、東海大学教授金沢百枝先生とスペイン、カタルーニャ州のロマネスク教会を巡るツアーに行ってまいりました。
山間の小さな村ムーラのロマネスク教会で、先ほどのマリア様に出会ったのです。
教会の名前はサン・マルティ教会。11世紀の教会です。
金沢先生は「ぷくぷくマリア様」と名付けていらっしゃいました。
ナイスネーミングです。
見るだけで福がありそうな、穏やかな表情でした。
ちなみに左の3人はマギ(東方3賢者)、右は産婆とヨセフです。
私の一番のお気に入りポイントはイエス様。
イエス様の足をよく見てみると足先をギュッと縮めています。
ムーラの聖母子像
幼さを表現するためでしょうか、可愛らしさ倍増でたまりません。
(佐藤)

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

【巡礼路TV番組】9/7放送「スペイン横断800キロ平岳大と情熱の巡礼路」

ユーラシア旅行社のサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路ツアー 今週末、9月7日(日)にBS-TBSで放送の
「スペイン横断800キロ 平岳大と情熱の巡礼路」
フランスから国境とピレネーを越えて
聖地差アンティアゴ・デ・コンポステーラまでの旅を追います。
巡礼の道は、
映像で追い、自分で歩き、また映像で見て疑似体験して・・と
何度見ても行っても良いものです。
未だ歩いたこともない方も、もう行ってきたよという方も
是非チェックしてみてください!
9月7日(日)19:00~20:54 BS-TBS

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

【共通テーマデー】私の好きな小村~ジローナ~(ユーラシア旅行社で行くスペインツアー)

ユーラシア旅行社のスペインツアーで行くジローナの街並み11月1日、諸聖人の日の本日は月初め恒例のユーラシア旅行社各ブログ共通テーマデー。
今月のテーマは、私の好きな小村
ということで、スペインの北にあるカタルーニャの小さな町ジローナ(へローナ)をご紹介します。

ジローナはイスラム教徒やフランスの王、地元の貴族など時代によって領主が代わったため、様々な建築様式が混じった街。
河から丘の上へ向かって伸びた坂の多い街で角を曲がるたびに表情がかわるのも散策が楽しい街です

続きを読む "【共通テーマデー】私の好きな小村~ジローナ~(ユーラシア旅行社で行くスペインツアー)"

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

【共通テーマ】私の好きな美術館、あの作品 (ユーラシア旅行社で行くスペイン)

スペイン、カタルーニャ美術館「ダビデとゴリアテ」前回の記事で紹介しました、スペイン、バルセロナのカタルーニャ美術館。
ロマネスクセクションに納められている傑作は数多くあり、
ボイの谷のタウール、サンクレメンテ教会の「全能のキリスト」や
同じくタウール村のサンタマリア教会の「ダビデとゴリアテ」(写真・・カメラ目線のダヴィデがかなり怖い)などが特に有名です。

続きを読む "【共通テーマ】私の好きな美術館、あの作品 (ユーラシア旅行社で行くスペイン)"

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

スペインのマリア様

カタルーニャ美術館にてスペイン人のマリア信仰は篤い。
キリストの生母を神聖視するあまり、無原罪のお宿りなどの概念も生まれましたし
マリアさん、マリアホセさん(ちなみにホセはヨセフのスペイン語読み)、マリオさんなどの名前も多い。
各地の教会も、マリア教会、聖母教会というのが多く、教会を飾る絵や彫刻の主題にもマリア様は沢山描かれています。
(写真はバルセロナのカタルーニャ美術館にあった授乳する聖母)

スペインの守護聖人、聖ヤコブのスペインにおける布教伝説にもマリア様はちゃんと登場しています。
キリストが昇天したあと、12使途らキリストの直弟子たちは世界の津々浦々へ布教の旅へと出かけます。
聖ヤコブが向かったのがスペインで、サンティアゴ・デ・コンポステラの南のペドロンのアタリから上陸したといわれます。

続きを読む "スペインのマリア様"

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

【共通テーマデー:暑い日におすすめの一品】 夏はアイス!(北スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステラへにて入梅宣言があちこちでなされ、だいぶ暑い日が続いています
そんな今月の共通テーマは「暑い日におすすめの一品」
かつてこのブログでもビールやモヒートなど色々なドリンクをご紹介してきましたが、
今日は北スペインの旅で見つけたアイスを紹介します。

写真はサンティアゴ・デ・コンポステラの自由食の日にお客様をご案内したお店のレモンシャーベット。
レモンの器が涼しげです。
(味も爽やか!食後はレモン等はほっとします)

ちょっとつるつるして食べにくいのはご愛嬌

続きを読む "【共通テーマデー:暑い日におすすめの一品】 夏はアイス!(北スペイン)"

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

共通テーマデー:この夏行きたい・・オビエド(スペイン)

北スペインツアーで訪れるオビエドの旧市街共通テーマデー、本日のお題はこの夏行きたい所…
周囲の部員に聞くと、スペインではトマト祭やサンティアゴ巡礼路、アンダルシアなど色々な回答が。

そんな魅力一杯のスペインで、この夏私が行きたいのは北スペイン、アストゥリアス地方です。
中でも、スペインの古都中の古都、現在のスペインの原点といえるオビエドは、夏訪れるには絶好の土地です。

続きを読む "共通テーマデー:この夏行きたい・・オビエド(スペイン)"

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

3月、サンティアゴの旅が帰国しました

サンティアゴ・デ・コンポステラツアー、ゴゾの丘にてo聖ヤコブの墓は、1世紀に埋葬された後、海賊などの侵略を逃れるためその場所が隠され
時代の経過と共に存在すら忘れられていたのが、
9世紀に、お告げを受けた隠修士達が星に導かれて再発見したといわれています。
その年は伝説によれば813年、今年2013年は1200周年を迎えます。

先日、2013年最初のサンティアゴ・デ・コンポステラの旅が帰国しました。

続きを読む "3月、サンティアゴの旅が帰国しました"

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

【共通テーマ】海外ハイキングに出かけよう!私のおすすめルート(巡礼路/スペイン)

北スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステラツアー、巡礼路歩きにておか~をこ~え~ゆこうよ~♪と口ずさんで歩いた道が、私のお勧めルートです。

この歌は「ピクニック」という歌ですが、
サンティアゴ・デ・コンポステラへのラスト100kmの道を歩いている時、いつも頭の中をぐるぐる回っていた歌です

お天気がいい日、牛や羊とすれ違い、延々つづく牧草地を眺めながら歩いていたからでしょう。
朝靄を突き抜ける太陽の日差し、梢からポツリと落ちてくる雨露、追い越していく自転車、田舎の家の表札や庭木まで…歩く速度で見る北スペインの景色は、
ピレネーの山で野花や険峻な雪山を見ながら歩くのとはまた違った楽しみがあります。

山道や農道のような道は足に優しく、葡萄畑やりんごの木、すっぱいベリーが実る木からはいい香りも。
田舎が好きな私にはたまりません

続きを読む "【共通テーマ】海外ハイキングに出かけよう!私のおすすめルート(巡礼路/スペイン)"

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

夜景・夕景~サンティアゴで年越し(スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステラで迎える新年春の北スペインの旅に続々とお申し込みを頂いています。
お花の時期はやっぱり人気!とはいえ、真冬の年末年始もサンティアゴ・デ・コンポステラの旅は出発していきます。
2012年~2013年の年越しを、サンティアゴで迎えたグループもありました。
スペインの年越しといえば葡萄で“乾杯”ですが
大聖堂のところにもしっかり葡萄が用意されていたそうです。

サンティアゴの大聖堂の辺りは、いつ行っても夜の独特の空気がよく、ちょっと遅めの夕食のあと、ぶらぶら歩いて帰るのもよし、飛行機の便が早い時には日の出前のしんとした空気もよし。
でも年末はこんなに賑やかで楽しいのです。
学生が多いので、元気が

年越しの瞬間には大聖堂から花火も上がりました。
大聖堂の花火といえば、毎年7月のアポストル祭のものが有名ですが、本当に、大聖堂の裏から打ち上げるので、日本の河川敷で見る花火に慣れている私達はちょっとハラハラします。

続きを読む "夜景・夕景~サンティアゴで年越し(スペイン)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧