添乗員インタビュー

2013年3月23日 (土)

3月、サンティアゴの旅が帰国しました

サンティアゴ・デ・コンポステラツアー、ゴゾの丘にてo聖ヤコブの墓は、1世紀に埋葬された後、海賊などの侵略を逃れるためその場所が隠され
時代の経過と共に存在すら忘れられていたのが、
9世紀に、お告げを受けた隠修士達が星に導かれて再発見したといわれています。
その年は伝説によれば813年、今年2013年は1200周年を迎えます。

先日、2013年最初のサンティアゴ・デ・コンポステラの旅が帰国しました。

続きを読む "3月、サンティアゴの旅が帰国しました"

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

サンティアゴへのラスト100キロ歩いてきました!(9月山岸・後編)

サンティアゴ・デ・コンポステーラ、フランコ通 サンティアゴ・デ・コンポステーラでのミサの様子はいかがでしたか?
山岸:大祭年だった昨年の余波でまだまだ盛況。日曜日で、しかも我々の寄進もあってボタフメイロを振る予定でしたので、お昼のミサに向け、午前から待っていた人も結構いました。
大司教さんのお話は所々英語やフランス語でのメッセージもあり、以前よりじっくり聞いていた気がします。
ミサの最後、隣の(見知らぬ)人と握手をしたりハグしたりする瞬間は、いつも何故だか涙が出そうになります。
ミサの後一気に賑わう目抜き通り、フランコ通りの活気も去年並みだった印象です。

続きを読む "サンティアゴへのラスト100キロ歩いてきました!(9月山岸・後編)"

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

サンティアゴへのラスト100キロ歩いてきました!(9月山岸・前編)

Rio_seco 先日北スペインのツアーから帰国した山岸さんに、インタビューしたいと思います。

山岸さん、出かけていたツアーを教えてください。
山岸:9/8~の「聖地サンティアゴへのラスト100キロを歩く」14日間の旅です。

お天気、気候はいかがでしたか?
山岸:お陰さまで、雨の多いガリシアでほとんど雨は降らず。
まだまだ夏の日差しが射す季節ですが、今回は絶妙な「うす曇」で、風も涼しくまさしく最高に歩きやすいお天気でした。

続きを読む "サンティアゴへのラスト100キロ歩いてきました!(9月山岸・前編)"

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

ピレネーの山々を歩いてきました(6月・大久保)

フランスピレネー、ピック・ドゥ・ミディ先日、ピレネーのツアーから帰国した添乗員大久保さんにインタビューしたいと思います。
大久保さん、出かけていたツアーを教えてください。
大久保:ピレネーの山々を歩く、10日間のツアーです。

お天気、気候はいかがでしたか?
大久保:始めの方のカルカソンヌと黄色い電車プチ・トラン・ジョーヌの乗車までは曇りがちな天気だったのですが、フランスとスペインの国境を越え、ピレネーの山々の懐に入ってから、ピック・デュ・ミディ展望台でピレネーの見納めをするまで、毎日晴天に恵まれました。

続きを読む "ピレネーの山々を歩いてきました(6月・大久保)"

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

銀の道&サンティアゴ巡礼の旅より帰国しました(12月上田・後編)

スペイン、サラマナカのバル(イメージ)

印象に残ったの旅の味を教えてください。
上田:サラマンカのバールで食べた「モルシージャ」です。
簡単に言うと「血の腸詰め」のことです。
お米が入っていたり、かぼちゃや玉ねぎが入っていたり、血だけの腸詰めでないので、血のソーセージは苦手な私でも美味しく食べることができました。
このモルシージャはカスティーヤ・イ・レオン地方の特産なのでサラマンカ以外の町でも食べることができます。

来春以降この方面をお考えの方へメッセージをお願いします。
上田:聖ヤコブ年の大祭年が終わっても、世界各地から数多くの巡礼者が聖地サンティアゴへを目指して歩いています。
皆様も是非、巡礼路の雰囲気とスペイン各地の郷土料理を楽しんでください!
(写真はバルの一例)

続きを読む "銀の道&サンティアゴ巡礼の旅より帰国しました(12月上田・後編)"

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

銀の道&サンティアゴ巡礼の旅より帰国しました(12月上田・前編)

先日北スペインのツアーから帰国した上田さんに、インタビューしたいと思います。

上田さん、出かけていたツアーを教えてください。

上田:12/25~の「銀の道から巡礼の道へ」8日間の旅です。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂(12月下旬撮影)

お天気、気候はいかがでしたか?
上田:毎年雨の多い冬の北スペイン、更にヨーロッパの寒波に当たってしまったのでかなりの悪天候を覚悟していましたが、スペインに入って最初に見た冬のカラッとした青空が印象的でした。
旅の前半はメセタと呼ばれる中央高地だったので、予想通りしっかり冷え込みましたが・・・。

今回の旅で一番印象に残った訪問地はどちらでしたか?
上田:大学の町サラマンカです。
決して大き過ぎず、適度にのんびりとしていてやはり素晴らしい町でした。
小さな旧市街には由緒ある建物やバールやカフェも多く、街歩きを楽しむには最適です。サラマンカ大学や大聖堂、サン・エステバン修道院で見られる、プラテレスコ様式やチュリゲラ様式などの力強い装飾を眺めていると、スペイン黄金期ならではの勢いを実感します。 
(写真はサラマンカ大学に見られる装飾)

続きを読む "銀の道&サンティアゴ巡礼の旅より帰国しました(12月上田・前編)"

| | コメント (0)

2010年12月17日 (金)

北スペインの旅より帰国しました(11月名倉・後編)

印象に残ったの旅の味を教えてください。
名倉:スペインで何度か前菜として出てきた生ハムに一票!

11月、黄葉が美しいオビドス(ポルトガル)

来春以降この方面をお考えの方へメッセージをお願い致します。
名倉:このコースはサンティアゴ巡礼には興味があるけどそんなに巡礼路を歩かなくてもいいかなという方、ポルトガルへ行ってみたいという方にお勧めです。

春には各地で野花が見られ、天国のような景色が見られますが、11月も観光地が空いていてなかなかいいです。
また、2カ国訪れることでイベリア半島の地形を楽しめます。
今回の旅はマドリッドからスタートして北上し、ブルゴスから西へ向かい、そしてポルトガルの北から国境に入り、リスボンまで南下する旅程でした。
「スペインのメセタ(台地)から、ガリシアの山地、そして大西洋の見えるポルトガルに入っていく車窓の変化が面白かった」というお声も頂きました。

地形だけでなく、歴史もつながりがあり面白いです。
スペインではレコンキスタの中心ともなったカスティーリャ・イ・レオン王国の首都ブルゴスを訪れ、ポルトガルではそのカスティーリャ・イ・レオン軍とポルトガル軍が戦い、ポルトガル独立を守ったことを記念して建てたバターリャ(戦いという意味)という土地の修道院も訪れます。
ぜひ自分なりの2カ国のつながりや違いを発見して旅を楽しんでください。

続きを読む "北スペインの旅より帰国しました(11月名倉・後編)"

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

北スペインの旅より帰国しました!(11月名倉・前編)

先日北スペイン・ポルトガルのツアーから帰国した名倉さんに、インタビューしたいと思います。
名倉さん、出かけていたツアーを教えてください。

名倉:11/18~の「北スペイン・ポルトガル紀行 」10日間の旅です。

ポルトガル、リスボンにあるベレンの塔にて(11月)

お天気、気候はいかがでしたか?
名倉:実は出発の前に天気を調べたら、毎日雨ふりの予報だったんです……。
でも行ってみると雨降りでも一日中続くことはなかったし、ポルトガルでは予報が外れて一度も雨に降られませんでした。

気温は標高の高い北スペインのブルゴスやレオンは10度を切りましたが
あとは14度から16度位でした。
真冬のコートを持って行きました。
(写真はポルトガルのリスボンにあるベレンの塔観光時の様子です)

続きを読む "北スペインの旅より帰国しました!(11月名倉・前編)"

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

フランス・ロマネスク芸術の旅より帰国しました!(10月飯岡・後編)

フランス、フォアグラのパテ

印象に残ったフランスの味を教えてください。
飯岡: 地中海のシーフード、バスク地方の料理、ボルドー近郊の肉料理など、魅力満載でした。
特に印象的だったのは、今回特別に訪問しました、モルラアスでのフォアグラです。
モルラアスはフォアグラの産地で、町の教会のタンパンには、地域性を表すものとして、フォアグラにちなんでカモとアヒルも描かれているのです。
それを見学した後に食事だったということもあり、とってもおいしかったです。

続きを読む "フランス・ロマネスク芸術の旅より帰国しました!(10月飯岡・後編)"

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

フランス・ロマネスク芸術の旅より帰国しました!(10月飯岡・前編)

先日南西フランスのツアーから帰国した飯岡さんに、インタビューしたいと思います。
飯岡さん、出かけていたツアーを教えてください。

飯岡:10/21~の「秘宝カニグー修道院とピレネー、アキテーヌ紀行」10日間の旅です。

フランス、サン・マルタン・ドゥ・カニグー修道院

お天気、気候はいかがでしたか?
飯岡: ピレネー山脈では、例年よりも早い初雪に見舞われましたが、山の上は黄葉も大変きれいでしたし、ツアー中雨に降られることは殆どなく、晴天の中で過ごしました。

今回の旅で一番印象に残った訪問地はどちらでしたか?
飯岡: もちろんカニグー修道院です。2回目の訪問でしたが、今回もジープで急カーブの山道を登る時に、お客様から歓声があがっていました。
カニグー山の中腹に建つ修道院を展望台から見下ろした眺めが素晴らしいです。(写真)

続きを読む "フランス・ロマネスク芸術の旅より帰国しました!(10月飯岡・前編)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧