著:斉藤さ

2009年12月 4日 (金)

私の好きな町:サン・ジャン・ピエド・ポール

ピレネー山脈の懐のフランスとスペインの国境を挟んで、「バスク」と呼ばれる地域があります。国籍は別れていても民族は同じです。
サン・ジャン・ピエ・ド・ポール
バスク地方の民家は白い外壁に赤く塗られた窓や梁が特徴です。
山を背景に建つ可愛らしい家並みは、まるで絵のような風景を創り出しています。

またバスク地方の象徴といえばベレー帽。
街中を歩くとベレー帽を被った男性を頻繁に見かけます。
「ベレー帽を被り始めて数十年」という貫禄を漂わせているおじいさん、かなりキマっています。

さて、ピレネー山脈の北麓にあるサン・ジャン・ピエ・ド・ポールという街があり、ここはサンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路の宿場町にもなっています。

私がこの街を訪れたのは日曜日の朝でした。
街中の朝の散策を楽しんでいると教会を通りかかりました。
中ではミサを行っているようです。

続きを読む "私の好きな町:サン・ジャン・ピエド・ポール"

| | コメント (0)