2007年12月17日 (月)

ガラパゴス添乗1日目

先週末に「ガラパゴスクルーズとエクアドル周遊9日間」のツアーから帰国致しました。

本日から9日間のツアー内容を振り返りながら徒然なるままに記して参ります。

第1日目

今回は地球の裏側エクアドルまでアトランタ経由、デルタ航空にて飛びました。

成田空港第1ターミナルを出発して11時間半、アトランタに着いたと同時に短い乗り継ぎ時間を経て、更に5時間の飛行時間でついにエクアドルの首都キトまで到着致しました。私は「自分だけの空間」がある飛行機が大好きなので、長時間が全く苦になりません。もっと乗っていたかった位です。

エクアドル独立の貢献者マリスカル・スークレ将軍の名から取ったキトのスークレ国際空港に到着したのは夜10時過ぎ。バスに乗って車窓を眺めているとなぜか町中が騒がしい。

週末でもないのになぜでしょう。

実は本日は年に1度の「キト祭り」の前夜祭だったのです。キト祭りとは日本語にするとキト建街記念日(Fundacion de Quito) とでも言いますでしょうか。夜も深まる中、気だるい身体を起こしてくれるほど、町中はお祭り騒ぎ。音楽が鳴り響いています。

ヒルトンホテルまでの約20分間のお祭気分を楽しんだ後、私達を待っていたのはチリモーヤと白パイナップルのフレッシュウェルカムドリンク。この自然の甘さの100%ジュースに舌鼓を打つと南米に来たなと実感するものです。

これで34時間もの長い1日が終わります。明日はキト旧市街観光、そして赤道をまたぎます。

本当に赤道下では水は渦を巻かないのでしょうか。

Zzz・・・

|

国11:西アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。