2008年1月25日 (金)

ペルー添乗3・4日目

 

 暫く更新することが出来なくて、すみませんでした。

 日々の生活に終われ、添乗を振り返ることが出来ませんでした。

 さぁ、また2月にペルー再訪をペルー人に約束をしてきましたが、実際に

 再び赴くことになました。あぁ年末のペルーは賑やかで楽しかったなぁと思いに

 ふけるばかりの日常です。

 添乗3日目

 3日目はついにインカ帝国の色に触れることができます!インカ帝国の首都

 クスコに出発!クスコは上空からみるとインカ時代に現代の力強さの象徴とされ

 ていたピューマの形をしていて、素晴らしい石組みがいたる所の基盤になっています。

 クスコは3400mの標高があるので、高山病が心配でしたが、皆様コカ茶と一緒に

 無事に観光をしていました。私も体質でしょうか、全く高山病になりません。

 明日は大晦日なので、街は既にお祭ムード一色。酸素をゆっくりゆっくり吸いながら、

 マチュピチュでの大晦日に胸を高まらせます。

 添乗4日目

 大晦日。朝はインカ帝国の「聖なる谷」の小さな町、ウルバンバを出発し、オリャンタイ

 タンボ遺跡を観光です。標高は2500mぐらいまで下がって来たので、皆様体調は

 良さそうです。

 2:55 いざビスタドーム号にてマチュピチュ村へ出発!・・・・のはずでしたが、

 列車事故の為、ビスタドーム号が到着していないと。1分の遅れで謝罪する日本の

 電車に慣れてしまっている私たちは「え!?いつ来るかわからないの!?」と言う 

 反応になってしまうが、ここは南米、ラテンの国ペルー。

 皆で、お喋りしながら待ちましょう!となり、楽しく聖なる谷の駅で電車を待ちました。

 ビスタドーム号は運良く30分程度の遅れで到着し、マチュピチュ村へと出発。

 マチュピチュ村は黄色で一色。なぜでしょう。黄色い風船、黄色い下着、黄色いタオル

 が村中で売られています。なぜでしょう。

 それは本日の大晦日ナイトに判ることになります。

 本日は夕方なので、マチュピチュ遺跡の観光は明日。2泊3日なので、ゆっくりと

 まずは町を散策します。とても小さい村ですが、町中が友達のようで、皆明るく

 来る度に元気を貰う村です。「あっ、久しぶり!」という声を掛けてもらいながら、

 マチュピチュ村に到着です。

 悪い事はできないですね・・・。

 

|

国03:ペルー・ボリビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。