2008年3月29日 (土)

パタゴニアのけな気な花

 カラファテの氷河をたっぷりと堪能した後は、北にあるフィッツロイという峰が見える村

 チャルテンという場所までバスで滑走します。その道のり400キロありますが、パタゴニア

 の大地を、ありのままのパタゴニアを見ることが出来る5時間です。

 空には大きなレンズ雲が広がり、見渡す限り、地平線が見えそうな程広いパンパ

 私有牧場と羊の群れ。そして遠くには、氷河を持つフィッツロイやセロトーレという峰が

 見えて来ます。レンズ雲の影で、まるでパンパの大地に何かが舞い降りたように

 暗く陰り、太陽の下は神々しく光っていました。

 まさしくパタゴニアの代名詞が沢山出てくる道のりです。

 そんなThe Patagoniaの大地を楽しみながら、美しいポイントがあればバスを止め

 写真の時間。フィッツロイという峰が近づけば近づくほど、感動がこみ上げて、

 バスを止める回数が増えて行きます。

 そんなあるお写真ストップで降車した時、晩夏のパタゴニアの大地に一輪の花が

 咲いていました。黄色い可愛らしい花です。

 名前は「Diego de ka Noche(ディエゴデラノーチェ)

 Flora

夜のディエゴ(男性のスペイン語名によくある人名)という意味の花です。

 名前とはうって変わって可愛らしいお花です。道路以外何もないこの風の強い

 パタゴニアの大地に、咲いていたけな気な花でした。

 

 雲一つないフィッツロイも美しく、ハイキングもとても楽しかったですが、 

 その小さな、パタゴニアの大地を彩る、黄色いディエゴがとても印象に残っている

 のです。他にも様々な花に出会えたツアーでした。

|

テーマ:自然・遺跡・歴史」カテゴリの記事

国01:アルゼンチン・チリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。