2008年11月18日 (火)

中南米フェスティバルが無事終わりました。

先日16日に東京FMホールで開催致しました「中南米フェスティバル」が無事終了致しました。

早稲田大学准教授の寺崎秀一郎氏を講師にお招きし、グアテマラ、ホンジュラス、エル・サルバドル、そしてメキシコを含む古代マヤ文明の魅力をたっぷり講演して頂き、後半はメルコスール観光局主催の南米の音楽やダンスをご覧頂きました。

 ブラジルのサンバは生演奏と迫力有るダンスで、会場内が熱気で湧きましたが、意外と好評だったのがパラグアイ音楽でした。楽器のハープをスペイン語でアルパと言うらしく、郷愁溢れるハープの演奏と可愛らしい民族舞踊がパラグアイ音楽。もの悲しげな旋律が会場を包み素晴らしかったです。

 来年は、北米フェスティバルとアフリカフェスティバルを開催予定です。

 北米フェスティバル・・アメリカ西部5州観光局の方に米国国立公園の魅力をご紹介頂きます!

 1月29日(木)14:30~16:00 砂防会館別館3階「穂高」 にて 

 アフリカフェスティバル・・・ベストシーズンのビクトリアの滝をはじめ、アフリカのツアー紹介!ツアーの最後には南アフリカの名物、日本でも人気が出ているルイボス・ティーをお召し上がり頂きます。

 2月4日(水)14:30~16:00 砂防会館別館3階「穂高」 にて 

 皆様のご参加をお待ちしております。

 ホームページよりhttp://www.eurasia.co.jp/lecture/index.html、お申込み下さい!

 

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。