2009年11月 6日 (金)

世界の街角一丁目 第7回 マチュピチュ村(旧アグアスカリエンテス)

皆様こんにちは。湯けむり情緒の色白女将、井手“ねえ、お風呂が先?ご飯が先?それとも?”麻美です。
 今回は、世界の街角一丁目 第7回目となりますが、私のこよなく愛する「アグアスカリエンテス」の街について語らせて頂きたいと思います。皆様、ペルーの「アグアスカリエンテス」という街はご存知でしょうか?そして、この町は、マチュピチュの麓にある町で「マチュピチュ村」とも言われています。と言うときっと皆様お分かりでしょう。

004  この町「アグアスカリエンテス」はマチュピチュへ行く際に起点となる町です。通常クスコ近郊のウルバンバの「オリャンタイタンボ」という駅よりピスタドームという列車で、ここ「アグアスカリエンテス」駅までやって来て、更にここより混載バスにてマチュピチュ遺跡の入り口まで向かいます。ですので、マチュピチュに向かう人は必ず通過、もしくは宿泊する町なのですが、人口推定約150人という非常に小さな町です。町の名前のアグアスとはスペイン語で「水」、カリエンテは「熱い」という意味で、「熱い水」=温泉 を意味し、この町の名前通り町には温泉があるのです。日本でもここ数日、ぐっと気温も下がりいよいよ冬の足音が聞こえてくる季節になってきましたね。私は、冬が近付くと無性に温泉が恋しくなり、あぁ~日本人だなぁ。と思います。

001  ここ「マチュピチュ温泉」とでも呼ばせて頂きますが、温泉とは言えども少々スタイルは異なります。町の中心から約5~10分程坂を登り切った所にある、入り口(小屋)があります。この小屋にてチケットを購入し、更に細い小路を数分登り続けて温泉入り口へと向かいます。温泉までのこの道のりも、周囲は山々に囲まれ、川も流れており、いかにも温泉街という雰囲気で情緒があり良いものです。浴衣に下駄を履き向かいたいところではありますが、ここはマチュピチュですから、皆Tシャツに短パン、足元はビーチサンダルと言ったスタイルで向かいます。入り口より進むと、ロッカー、更衣室があり、そちらで着替えいよいよ温泉へと進みます。ここからが、日本の温泉との大きな違いで、入浴するには混浴で水着着用です。温泉は大体38~39度位のぬるめのお湯で若干茶色っぽい色をしています。イメージとしては、もしかしたら温泉よりプールのほうが近いかもしれません。

 町は標高2000Mあり体が冷え込むことも多いので、温泉で体を温めるにも、マチュピ002 チュ登山後の疲れた体を癒すにも効能が筋肉痛にも効くらしいので、最適ではないでしょうか?なかなか、日本より空路20時間以上もかかるこの南米ペルー、マチュピチュ村で温泉に浸かるというまたとない経験も良い思い出になるのでは?この「アグアスカリエンテス」の町には温泉だけに留まらず、駅周辺、そして温泉から町中心のアルマス広場まで続くメインの通りにも多数のお土産物屋さんが軒を連ねており、ペルーならではの民芸品を見て周るのも楽しいでしょうし、駅周辺、広場中心にはレストランも幾つもあり、ペルー料理を楽しむのもあり、時折南米アンデスのフォルクローレを耳にするかもしれません。どこか懐かしさを感じながら町をゆっくり散策するのも良いかもしれません。
小さい町ながらも温泉以外にも楽しみ方は様々です!

単なるマチュピチュへの通過点だけに終わらせず、麓の温泉街「アグアスカリエンテス」をいかに楽しむかはあなた次第です!!(井手)

ペルーのご旅行はこちらから
夏のペルーの魅力

|

国03:ペルー・ボリビア」カテゴリの記事

テーマ:世界の街角一丁目」カテゴリの記事

文:井手(満腹あさみ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。