2009年12月30日 (水)

今年最後はアメリカのお話

みなさん、こんにちは。あなたにだけ帰省するワタシ、尾形“歳末愛し合い運動”美絵です。
 2009年も、今日と明日を残すのみ!
年末の大掃除をしたり、年賀状の追い込みをしたり、それこそお正月の準備をしたり...何かとお忙しい日々かと思います。ユーラシア旅行社も、本日が2009年の仕事収め。黙々と仕事をしながら、2009年を振り返りつつ、2010年を思い描いています。

 私の2009年はベネズエラで明け、日本で幕を閉じようとしています。振り返ってみれば、2009年も様々な国に添乗をさせて頂きました。秘境チームにいながら、ヨーロッパにも足を運ばせて頂いたし、いつの日か母親とも行ってみたいね、と言っていた中国の九寨溝・黄龍にも行かせて頂きました。しかし、今年も残念ながら、アメリカの地を踏むことはありませんでした。

001  我が部署きってのアメリカ大好きおじさん、吉枝と並び、自称アメリカ通の私。4年間過ごした大学生活があるからか、私にとってアメリカは、他の国にはない思い入れがあります。今いる東京よりもずっと、第二の故郷を感じる場所、とでも言うのでしょうか。
 そんな私にとっても待ち遠しかった、北米の新しいパンフレットが、先日出来上がりました。定番の西部の国立公園を巡るツアーから、最近、力を入れている東部・南部のツアー。どれもアメリカの魅力が詰まっている日程です。しかし、特にその中でも”異色”を放っているコースがあります!「森と山と湖の世界」とサブタイトルをつけた西海岸国立公園物語 16日間。シアトル、オレゴン、カリフォルニアの3州にある、ちょっとマニアックな国立公園を巡る日程です。

003  じっくりパンフレットを見ても、よく耳にする国立公園はひとっつも入っていません。ひとっつもです。普通のお客さまなら素通りと思われるこのツアー。しかし、「アメリカ国立公園を更に深く知りたい方」にはぴったりのご旅行です!日本ではただ知られていないだけ。アメリカ人には人気の観光地が目白押しなのです。特に、私が目を引いたのは、レイクタホに宿泊するところ。私も大好きな場所で、夏はキャンプ、冬はボード。ドライブ、古着のチェック(以外とこの辺には掘り出しものが!)、また、お寿司(美味しいお寿司屋さんがあります!)を食べに、何度も足を運んだ、アメリカ人にも大人気の湖畔リゾート地です。

 タホはネヴァダ州とカリフォルニア州の州境にあり、標高は1900m。最大水深は501002_2 mで世界第10位!(アメリカ国内では第2位)そして、透明度に関しては、かつて世界第3位を誇っていました。現在は残念ながら透明度が低下し、第3位の座を退いてしまいましたが、それでも十分透き通っています。また、タホ周辺はスキー場が沢山あり、1960年には、第8回冬季オリンピックが開かれたスコー・バレーもあります。

ツアーでは、特に景色がいいと言われるサウスレイクタホに1泊。きっと癒される一夜になることでしょう。といっても、このご旅行は「森と山と湖の世界」を堪能して頂くコースなので終始癒されっぱなしかもしれませんが。

次回は引き続き、このツアーで行くカーメルをご紹介させて頂きたいと思います。そして、来年はアメリカの地に降り立てますように。

アメリカ西海岸国立公園物語16日間はこちら

最後に、本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
来年も、より一層のご支援を賜りますよう、秘境部員一同、心よりお願い申し上げます。
どうぞよいお年をお迎え下さい。(尾形)

|

国06:メキシコ・グアテマラ・コスタリカ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。