2009年12月 1日 (火)

世界のおみやげ

 こんにちわ。暗い夜道にゃ赤鼻が必要、尾形"トナカイサンタのオールナイトニッポン"美絵です。
今年も最後の1ヶ月、12月に突入しました。

005amr  12月に入ると一気に年の瀬モードですね。そして、年の瀬前のクリスマスムードもぐぐぐっと高まります。先日も、表参道のイチョウ並木にイルミネーションが復活し、町を見渡せばキラキラ輝く装飾が多くなり、どこからでもクリスマスソングが聞こえてきます。あぁクリスマスか、今年も1年が終わるなぁ、と感じる今日この頃です。
さて、そんな今日はクリスマスの話題を、と思っていたのですが、ちょっと予定変更。でも、クリスマスプレゼントにもなり得る話題をご提供させて頂きます。

 添乗に出るとよくお客様に聞かれるのが、「ここのお土産はなんですか?」です。やはり旅行に来たからには、日本では売っていないような、現地特有のものを購入したい!もしくは、ご当地ならでは食品をご購入されたいと思うのが、人間の心理でしょう。私たち添乗員も、そういった情報には普段から目を光らせています。そこで今回は、私がお勧めする、各地のお土産3点をご紹介!
 と言っても、かなり個人的好みが強く入ったもので、「この地ならでは!」というものでは決してないかもしれません。また、例え、「あらっ、かわいいわね、コレ。次ぎ〇〇に行ったらお土産にしましょ!」なんて思って頂いたとしても、もうすでに売っていないものかも知れませんので、その点はどうぞお許し下さい。あったらいいわね、程度でお考え頂けたら幸いです。

003madman では、ということでまず、1点目。
さぁ、これはどこの誰でしょう?写真をみて、これがどこのお土産かすぐに分かった方は、かなり通ですね。この前方の顔にご注目!そのまんま。そう、これはパプワニューギニアのマッドマン人形です。この写真の通り、パプワニューギニアで実際にご覧頂くマッドマンも、写真前方の頭の被り物を被りダンスを披露してくれます。そして写真の頭も、写真右手側の男性に被せてあげることができます。この人形はダンスを披露してくれる人たちの姿をとても忠実に表現しており、パプア旅行のお土産にはもってこいです!お値段は交渉次第!
ちなみに、この象(と、私は信じて疑わないのですが、隣の坊主さんはアリクイだと主張します。)もパプワ産。単純で素朴な愛らしさに惹かれて購入。

2点目。002masai_3
次ぎも分かりやすいですね。ケニア・マサイマラの住人、マサイ族の人形です。マサイの村 を訪れた際に、買って買ってとせがむおじちゃんに負け、購入。でも、意外と気に入っています。しっかりと立っていてくれないのが難点ですが...。(アフリカらしいですね)

そして、最後。
これはどこにでもありそうなお土産ですが、今がシーズン真っ盛りのパタゴニアのカラファテで購入したものです。カラファテは小さな町で、お店屋さんが立ち並んでいるのは1本のストリートのみ。その一角にわりと洗練されたお土産屋さんが集中している場所があるのですが、その中のひとつのお店で購入。どうもひとつひとづ手作りらしく、値段は決して安いものではありませんでしたが(南米という地域で考えた場合)、店内には様々なデザインのものが飾られていて、見て004tree いるだけでも楽しいお店でした。残念ながらお店の名前は覚えていませんが...しかし、カラファテに行く機会がありましたら、カラファテジャムのお土産と一緒に、その辺のお店もどうぞぶらついてみてください。

以上、3点のご紹介です。
 こういったお土産を載せると、添乗員さんもわりと買物するのね、と思われるかもしれませんが、上の例は自分で旅行や視察に行ったときに買ったものです。添乗中は私だって、本当は欲しいなぁと思っていても・・・・、お客様へのご案内もありやはり購入はなかなか難しいですね・・・。だから自分で行った旅行はついついいっぱいいっぱい買ってしまう"お土産屋に立ち寄らないのがモットー"のユーラシアの添乗員でした。(尾形)

アフリカのご旅行はこちら

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。