2009年12月 8日 (火)

アメリカは秘境なり!

みなさん、こんにちは。僕のお腹はコロ助なり、吉枝"ジャイアンVSブタゴリラ60分1本勝負"健一です。 

 2010年度の北米大陸パンフレットの完成が遅れておりまして、誠にご迷惑おかけしております。本日原稿を校了致しました。パンフレットの完成は12/15となりますので、ご請求頂きました皆様には、出来上がり次第すぐにお送りさせて頂きます。今週から順次ホームページに掲載していきますので、よろしくお願いします。

001  そもそもアメリカが何で秘境ブログに出てくるんだーという声も出てくるとは思いますが、アメリカの国立公園は景観としては秘境そのものだというのが我がチームの見解です。その景色が存在していた国がたまたまアメリカというだけ。でもそれが我々にとってはラッキーだったんです。何故ならアメリカという国になかったらひょっとしたらこんなに快適にこの大自然を見ることができなかったかもしれません。他の国だったら悪路を4WDでひたすら長時間走り、そこから車が入れない所を日射病になりかけながら歩き続き、挙句やっと到達できるみないな感じでしょう。

003  それが今や快適に舗装された大型バスで音楽を聞きながら入っていき、車を降りたら目の前が、もうかつての限られた探検家の人しか見れなかった絶景がドーンと展開するのです。グランドキャニオンみたいな大峡谷は、その直前までそんな谷がある雰囲気もしないので情報も無く初めてその谷を初めて見たネイティブアメリカンの人たちなんかはさぞ驚いたことでしょう。東の人から見た歴史としては、1805年に探検隊が太平洋岸に到着し、横断を果たし、1807年にその帰りにイエローストーンを白人として発見し、その後の国立公園創設につながっていきます。
 また懐が深いのも魅力、一つの国立公園でどんな目的達成できてしまうのです。徹底的に歩きたい人は何日でも歩けるし、展望台からちょっと見るだけでも十分だし、とにかく色々な楽しみ方に応えてくれる懐の深さがまた魅力なのです。

 ただ、残念ながらグランドキャニオンをはじめとしたグランドサークルは、知名度が抜群005 なのに、それ以外は日本にも情報が少なく、全米では大人気なのに日本人にはまだまだ知られていない場所が多いこと。しかも観光ポイントとしては最高な場所がたっくさんあるのです。しかしあまりにも広大なアメリカの台地。そんな全部まわっている時間なんてないよ、疲れてしまうし・・・と悩んでいる方はユーラシアにおまかせ下さい。グランドーサークルを中心とした第一作、サウスダコタからテキサスまで縦断する第2作、シアトルからサンフランシスコまでの西海岸を巡る第3作とご参加しやすい国立公園3部作を新発表致します。

004   まずは今日は第一作の発表です。イエローストーンからグランドキャニオン・ヨセミテまで一気に回ってしまう旅。アンテロープキャニオン・メサヴェルデ国立公園・デスバレー国立公園など最近話題の場所も訪れます。実はこのコース毎年大人気のコースを今一度日程やホテルの仕入れを見直しリニューアルしました。特にモニュメントバレーの目の前のホテル「ザ・ビューホテル」に泊まれば、その地球の原風景に癒されること間違いないでしょう。(吉枝)

アメリカ西部国立公園物語

アメリカのラインナップはこちらから

追伸、そして今夜はジョンレノンの「Watching The Wheels 」を聴いて寝ることにしよう。

|

国06:メキシコ・グアテマラ・コスタリカ等」カテゴリの記事

文:吉枝」カテゴリの記事

コメント

懐かしいアンテロープ・・・これを実際に見たいが為に何年前でしたか?御社で参加しましたよ~。今でこそ他社もアンテロープを謳い文句にしてますが・・。ただ一つ残念無念なのが、ザ・ビューホテルにお泊り出来なかった事で~す。

投稿: マ~ツオさ~ん | 2009年12月 9日 (水) 20時42分

マ~ツオさ~ん様

コメント頂きましてありがとうございます。
アンテロープキャニオンは、写真で見る以上に素敵ですよね。ご参加頂きましてありがとうございました。ビューホテルは2008年末にオープンしたばかりの新しいホテルです。是非、また訪れる機会がございましたら宿泊されてみて下さい。

来年のライナップには16日間にご参加された方へ送る、国立公園16日間のその2、その3も企画致しましたので、是非パンフレットをご請求下さい。

いつもコメント頂きましてありがとうございます。

投稿: 坂岸茉莉 | 2009年12月10日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。