2010年4月27日 (火)

日刊アメリカ東部・南部ウォーカー(第2回)

皆さん、こんにちは。かわいこちゃんには弱いけどこう見えても怪物ランドのプリンスなんです、吉村“僕のおつむは大噴火”和馬です。
 今日の東京の天気は雨。まるで私の心の中を覗き込んで、泣いてくれているようです。こんな気持ちを払拭するには、冷たいビールとプロ野球観戦ですね。と思っていたら、中止…。ますます気分が萎えました。さて、何をしよう!そうだ、ブログを書こう。ということで、本日も雨と一緒に私の沈んだ気持ちさえ吹き飛ばす、素敵なアメリカ旅行へ出発です!

001

 本日はいよいよニューヨークの観光です!朝からワクワクドキドキ。ニューヨーク観光のポイントは何と言っても観光バスを使用せず、メトロや公共バスを使用する、いわゆる地域密着型ニューヨーカースタイルの観光なんです。ホテル前のバス停からバスに乗り、地元民との椅子取りゲームを楽しみながら、いざ観光スタート。映画“ティファニーで朝食を”のティファニーがある5番街で下車し、しばしの徒歩観光。その後、メトロ体験。慣れない改札を突破し、かつては危険とされていたメトロも近年はとっても安全で快適、しかもキレイ。メトロマップとにらめっこしている内に、グラウンドゼロ付近を過ぎ、マンハッタン島の南端

002

へ。自由の女神が一望できるバッテリーパークです。やはりアメリカが誇るシンボル、圧倒的な観光客の数に驚きながら、まずは世界遺産(1)自由の女神を満喫。その後、夜は勿論ブロードウェイ観光。自然とスタンディングオベーションが巻き起こるエンターテイメントの余韻に浸りつつ、そのまま夢の中へ。

翌日は、いよいよバス旅行のスタート!途中、大都市や隠れた魅力ある都市を訪れなが

004

ら、目指すは深南部ニューオリンズ。ではさっそく出発進行!あっという間にフィラデルフィア到着!フィラデルフィア、ニューヨークとワシントンDCに挟まれて、スポットが当てられることが少ないですが、私が今回の旅行を通じて最も住みたいと感じた都市のひとつです。見所はアメリカ誕生ゆかりの地。独立宣言が考えられた、世界遺産(2)独立記念館は勿論のこと、キング牧師が有名な「I HAVE A DREAM」で連呼した「自由の鐘」など盛り沢山。そして忘れてはならないのが、アメリカ100ドル紙幣の人物。誰でしょうか?正解は…ベンジャミン・フランクリン。大統領を差し置いて、アメリカ紙幣に印刷される彼の功績もたっぷり体感します。

003

そして、極めつけは映画“ロッキー”で登場するフィラデルフィア美術館の階段!なんてことはない普通の階段ですが、この階段の下にはロッキーことシルベスタ・スタローン本人より寄贈されたロッキーの銅像が建っています。ここからの景色はおそらくベスト・オブ・フィラデルフィア!緑と建物が見事にマッチしています。この美しい景色に思わずエイドリアーン!と叫んでしまったのは、私以外にもきっといるはず。

アメリカを旅行する前に、是非ともやって頂きたいこと。勿論、ガイドブックを読んで行きたい箇所を選ぶのも大切ですが、私のお勧めは映画鑑賞。実際に見た景色と映画の中の場面が一致する感動を是非とも皆様にも味わって頂きたいものです。

|

国07:アメリカ・カナダ」カテゴリの記事

文:吉村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。