2010年4月21日 (水)

第1回世界三大瀑布選手権開催!(南米・北米・アフリカ)

P1

世界の三大瀑布対決!

みなさんこんにちは。私を3Dメガネでもっと見てほしいの、坂岸“イエス、フォール・イン・ラブ”茉莉です。

先日、紅葉のカナダとジャカランダの咲く時期に訪れる南部アフリカのパンフレットが完成致しました!
去年、10月に訪れた南アフリカの首都プレトリアのジャカランダの並木道は感動的だったな~と思いながら眺めていた時、ふと気づいたのです。

我が秘境チームは、「世界の三大瀑布」全てを取り扱っている、と。

三大瀑布とは・・・


大小300を超える滝が存在し、約4キロに及ぶ規模の水瀑。
イグアス国立公園として、世界遺産にも登録されていて、ブラジル側からとアルゼンチン側から両方で滝を見ることができる。
アドベンチャーボートに乗って、滝へ突っ込むアトラクションもあり、迫力は満点!
ベストシーズン・・・1年中。1年を通して水量の増減が少なく、いつ行っても基本的に大迫力の滝を見られる。雨季は11月頃から4月頃までなので、その時期は1番水量が多く迫力も1番だが、その分雨に降られてしまう可能性もある。1年でいつ行っても大迫力だ。

2)ビクトリアの滝(ジンバブエ、ザンビア)
南アフリカを拠点に、その北部に位置するジンバブエとザンビアに跨る瀑布。現地名は

P2

1)イグアスの滝(ブラジル、アルゼンチン)

P3

「モシ・オ・トゥンヤ」、つまり雷鳴の轟く水煙という意味の滝、その名の通り水量は三大瀑布の中でも1番の滝。
滝の周りを歩きながら、その規模と高く舞い上がる水煙が神秘的。
ベストシーズン・・・滝の水量だけを考えると、12月頃から7月頃までの雨季がびしょびしょに濡れる程の水量を誇る。9月10月は水量は少ないが、春を向かえ、ジャカランダをはじめ花が咲き誇り、天候も安定するので爽やかな気候の中で観光ができる。

P4

3)ナイアガラの滝(米国、カナダ)


1億2000年前に形成された、世界一有名な滝。アメリカ側とカナダ側にまたがり、その迫力を堪能できる。規模や水量は他の2つと比べると劣るが、1846年からある「霧の乙女号」に乗って、滝つぼへと突っ込むアトラクションは有名。観光の設備も1番整っており、ナイアガラの滝が見えるホテルが建立している。滝を朝から夜までたっぷり楽しめる場所。

簡単にご案内しましたが、上記の3ヵ所のことを一般的に三大瀑布と呼びます。

さて、よくお客様に「坂岸さんは、どの滝が1番感動した?」と聞かれます。これはその人の主観になるので、正解はないですが、いつも返答に困ります。どの滝も大迫力で大好きです、しかし私が実際に訪れて1番感動した滝は、「ビクトリアの滝」かもしれません。
訪れた時期は6月下旬、その迫力と水煙に圧倒されました。
アフリカという土地柄、観光設備もあまり整っておらず、手付かずの自然を体感できました。前も見えない水煙の中、レインコートは意味もなさず、ビショビショに濡れながら前を進みました。手すりや柵などもなく、一歩間違えば落差150メートルの奈落の底へ落ちてしまう場所ですが、その自然の迫力に、感動しました。見た瞬間は唖然としたものです。

もちろん、イグアスの滝、ナイアガラの滝も大好きですよ。
隣に座っている吉枝に同じ質問をすると
「いやいや、イグアスの滝が一番だよ。あの規模は世界で1番。」と興奮しています。

人それぞれだとは思いますが、世界三大瀑布、是非一生のうちで1度はご覧頂き制覇してみて下さい。自然の雄大さと、地球の息吹を感じられる場所です。

P5

その後ろで秘境大好き岩間が呟いています。
「三大瀑布もいいけど、やっぱり私はギアナ高地のエンジェルフォールが一番だと思うな」と。

世界には様々な滝がありますね。(坂岸)

|

テーマ:自然・遺跡・歴史」カテゴリの記事

国02:ブラジル」カテゴリの記事

国01:アルゼンチン・チリ」カテゴリの記事

国08:南部アフリカ」カテゴリの記事

国07:アメリカ・カナダ」カテゴリの記事

文:坂岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。