2010年4月 9日 (金)

満腹!あさみの機内食!万歳~エティハド航空編~

みなさん、こんにちは。本日は当機にご搭乗頂きまして誠にありがとうございます。本日皆様をご案内させて頂く機長のとんかつ太郎でございます、井手“心の故郷よっちゃんイカ”麻美です。

今回は、ご好評にお答えしまして機内食第2弾!として3月末日より成田便発就航のアラブ首長国連邦の航空会社エティハド航空の機内食をご紹介致します。

003

まずは、機内食の前にエティハド航空をご存知無い方の為にもここで少しご案内させて頂きます。エティハド航空は、2003年7月にアラブ首長国連邦の航空会社として設立。その年の11月から就航というまだ日が浅いにも関わらず、数々の賞を受賞しています。アブダビ国際空港を中心に中東、アフリカ等、現在世界約50路線を展開しており、日本へは2010年3月末日より成田国際空港へ就航し始めました。 
 今回乗り継ぎ地である、アブダビ空港は噂通り、他には無い斬新な空港です。一言で言い表すと宇宙空間!!近未来を思わせるこの建築は、何と日本のゼネコンが施工したそうです。日本の建築もなかなかのものだと感心するばかりです。

 では、機内食の受賞経歴もあるエティハド航空の機内食を一部ご案内します。

001

◆往路(成田~アブダビ間)夕食
  メニュー:魚の和え物、お寿司、煮物、魚、山菜ご飯、羊羹

こちらは、今回エティハド航空最初の食事サービスです。興味深々で食べ始めた最初の一口目。魚の和え物の新鮮さにまず驚き、次いで煮物の程よい味付けにも感心。一番驚いたのは、とてももちもちとした御飯の山菜おこわ!!機内で、まさか日本人好みのもちもちっとした柔らかさの山菜おこわに巡り合えるとは思っていなかったので、感激です。そして、デザートは羊羹と。何と気の利いたこと!とこれまた感激!夕食というより、夜中11時半を回っていたにも関わらず時間を忘れ食べてしまいました。

◆往路(アブダビ~ダマスカス間)朝食

002

  メニュー:海老&蟹粥、粥用和え物、お浸し、フルーツ
 
 こちらのメニューは、今回の機内食の中で私が最も感動した一品です。
 と、言いますのも、海老&蟹粥が機内食に出てきたことに驚いたのは勿論のこと、素材の味が生きていて、海老がとてもプリプリなのです。そして、お粥に好みで入れる和え物が3種もあるというニクイ演出。
 更には、具沢山のお味噌汁!!日本人でよかったぁ~。と思う瞬間でした。
ちょっとしたレストランより美味しい。と、始終感動しながら。。全て食べ尽くしてしまいました。

上記は、2メニュー共に和食ですが、選択肢は通常は和食or洋食2種(メインのみ選択)の計3種より選択できる予定ですが、サービスが遅かったり、場合によってはお食事の選択肢が変更になることもありますし、メニューもその時々で異なりますがご了承下さい。

 今回利用のエティハド航空は、機内食だけに留まらず、座席のピッチも広めで、アメニティもお洒落であり、長い空の旅も心地良く過ごして頂けること間違いないです。
機会がありましたら、是非エティハド航空で空の旅を~!

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

文:井手(満腹あさみ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。