2010年5月14日 (金)

世界の乗り物大図鑑 第1回~北米の鉄道その1~

みなさん、こんにちは。この恋の列車は心という天候次第ではご到着が遅れる場合もございますので予めご了承下さい、吉枝“恋の片道切符”健一です。

ところでみなさん、のってますか?ああそうですか、いいですね。
という訳で私乗り物が大好きです。このシリーズでは、私の好きな鉄道、バス、トラック、四輪、飛行機、船などを世界中からご紹介したいと思います。
まず第1回目は、北米の鉄道です。これはアメリカ、カナダ、アラスカと我が班のツアーでも実際にお乗り頂けるものですので、まずは身近な所から紹介したいと思います。

北米の鉄道といったら何と言ってもその長距離さ。アムトラックのカリフォルニアゼファー号だけとってみても走行距離3900km、所要時間54時間という日本では考えられない長距002離列車なのです。
鉄道乗りにとって一番たまらない瞬間は、長距離列車が発車する瞬間の最初の揺れです。これから長い旅に出る列車がゆっくりと動き出す瞬間。その距離が長ければ長いほどグッとくる訳でエクスタシーを感じてしまう訳です。上野発のブルートレインで言えば、地下ホームをゆっくり出て、鶯谷ぐらいまでこれからの長距離に備えてまるで呼吸を整えるかのようなゆっくり進むあの感じがたまらないですね。そんな大事な出発の時に便意をもよおしそうになったら最悪です。その出発の瞬間はゆったりとその瞬間に集中しなければなりません。新幹線でもそうですが、いつの間にか出発していた・・これだけは皆様やってはいけません。
というわけでちょっと北米の鉄道を軽く紹介しましょう。シリーズ中にはもっと詳しく迫る予定です。

広大な風景に酔いしれる・・・
アメリカ大陸横断鉄道の旅(アムトラック)

003

両列車とも牽引機関車は、GEジェネラル・エレクトロニクス社の子会社であるジェネラル・エレクトリック・トランスポーテーション・システムズ社(GETS)製のAMD103型P40/42、通称「ジェネシス」シリーズのディーセル機関車で、重連で全区間を走る風景はおなじみ。V16エンジンで出力は4000馬力にもなる。

★レイクショアリミテッド号
ニューヨーク-シカゴ間1534.4km
所要時間約19時間
編成はビューライナーとアムフリートの組み合わせで、基本編成は機関車重連の後、寝台車・座席車・食堂車・ラウンジカー・荷物車となる。湖に添って走るのでその名前がついている。
★カリフォルニア・ゼファー号

001

シカゴ~エミリビル3900.8km
所要時間54時間1分。
2階建てのスーバーライナー使用で基本偏しは、普通座席車・寝台車・食堂車・ラウンジカー・荷物車・乗務員用寝台車を機関車2重連が引っ張る。ハイライトは、ロッキー山脈越えで、アムトラック最高標高地点(標高2815m)も通過します。

アムトラックの大陸横断鉄道の旅はこちら

004

とここまで書きましたが、ちょっと私、これから本屋に行って貨物時刻表を買い、武蔵野線の機関車撮影ポイントに行ってくるので、カナダ・アラスカはまた次回にご紹介します。
今日はEF65の1000番台でも撮るかなあ・・・。

|

テーマ:乗り物」カテゴリの記事

国07:アメリカ・カナダ」カテゴリの記事

文:吉枝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。