2010年5月26日 (水)

カナダ横断鉄道 ~カナダの新幹線、コリドー号~

こんにちは。今宵は愛を運ぶ夜行列車、坂岸“ラブトレイン69”茉莉です。

005

 まだまだ残春が続き、先週は変わりやすい天気と気温に苦しめられました。しかしこれから大嫌いな梅雨がやってくるかと思うと戦々恐々としてしまうのは私だけでしょうか。天気と言えば、添乗中もっとも気になるのは現地でのお天気です。特に自然を見るツアーですと、前日に翌日の晴れを心から神様にお願いをしています。天気によっても観光地の印象が変わってくるものですからね。

002_3

さて、先日は、モンクトンから出発してモントリオールまでの寝台車オーシャン号をご紹介致しました。そして本日は引き続き、カナダ横断鉄道特集と題しまして、コリドー号をご紹介致します。
 
 コリドー号は最新の高速型客車が投入され、寝台車では

004_2

なく、日本の新幹線のように、スピ-ドアップがなされています。都市間にはメ-プル街道の美しい車窓風景が広がり、特に楓が色づく秋の紅葉の頃の車窓が乗客を楽しませてくれます。

 弊社のツアーで乗る列車のクラスはビジネスクラス。ゆーったりとした2人掛けのリクライニングシート、そして食事の際は、座席にて食事そしてお酒を含む飲み物のサービス等、飛行機さながらのサービスが繰り広げられます。その料理の美味しいこと、美味しいこと。しかも前菜、メイン、デザート、とコースになっています。また主要の駅では静かな専用ラウンジで待つこともできるサービスもあり!(時間があれば、利用することができます)

001_3

 利用客はビジネスマンも多く、パソコンを片手にカタカタと仕事をしてビジネスクラスに座る乗客も多かったです。なんて贅沢なんでしょうか。トロントにて下車した後は、陽気な車掌さんたちと一緒に集合写真をパチリと1枚、笑顔で別れ観光スタート!

私達一行はケベックシティ周辺で紅葉や観光を楽しんだ後、コリドー号にて大都市トロントへ向かいました。

⇒カナダ大陸横断鉄道のご旅行はこちらから

(坂岸)
 

|

テーマ:乗り物」カテゴリの記事

国07:アメリカ・カナダ」カテゴリの記事

文:坂岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。