2010年6月14日 (月)

今週のテレビ閣下(6/15~22)

 みなさん、こんにちは。俺の人生オフサイド、吉枝“夢に向かってオーバーヘッドキック”健一です。
 さあ、いよいよワールドカップが始まりまして、毎日興奮の渦に巻き込まれている方も多いことでしょう。我がチームとしては、やはり南米勢に頑張ってもらって景気をつけてもらいたいところ。フランスと引き分けたウルグアイ、ナイジェリアの好セーブもありましたが1-0で勝ち点を取ったアルゼンチン、メキシコもいい試合でしたね。
さてさて本日は、いよいよカメルーン戦・・・・。ブログもこの辺で終わって早くTVつけなくちゃ・・・・・。
という訳で今週のTV情報です。

6/16 12:30~14:00 NHK h
新アフリカ紀行「第2回 夢 高らかに歌う道」

6/16 20:00~21:30 NHK h
新アフリカ紀行「第3回 アフリカンドリームへの道」
新アフリカ紀行の最終回は、経済破綻した国・ジンバブエとアフリカ最大の経済大国・南アフリカを旅する。大きな格差のある2つの国で、夢を求めて生きる人々と出会うという番組。

001

6/17 25:35~26:27 NHK h
生命の楽園 パンタナール -水の魔法が作った大湿原-をご紹介します。

6/18 16:05~16:50 NHK 総合
世界ふれあい街歩き「ボストン」
17世紀にイギリスからの移民が中心になって作ったボストンは、レンガ造りの建物を石畳の小道が迷路のように縫う美しく古い街。独立運動発祥の地として知られる街には、“フリーダムトレイル(=建国の足跡をたどる道)”と言われるユニークな標識があちこちにある。

6/18 23:00~23:30 BS-TBS
アメリカの町「フロリダ・マイアミ キューバ移民が活きる町」
「キューバ移民の町」というイメージの強い、マイアミ。ここ30年以上、歴代の市長はみなキューバ人。政治だけに及ばず、経済界、文化、芸術に至るまで、彼らが牛耳っている。その背景には、他のラテン諸国に比べて勤勉でよく働くという習性があり、ラテンであって一種ラテンでないところを持ち合わせている。キューバレストラン、葉巻工房、大湿地帯エバーグレーズを巡りながら、キューバの文化が息づく町、マイアミを旅します。

6/19 19:00~19:30 BS-TBS 
THE世界遺産「アフリカ特集II:ジャー野生動物保護区~カメルーン~」
今回取材したジャー動物相保護区を含め、カメルーンの森で起こっている悲劇がある。ブッシュミートといわれる、森に暮らす霊長類の密猟・売買の問題である。かつては小さなコミュニティが自分たちが必要な分だけを狩猟していたが、近年は違法であるにも関わらずマーケットが拡大している。密猟で親を殺されたゴリラ、伐採業者によって飼われていたチンパンジー。番組では保護を余儀なくされた動物たちの事情も取り上げる。

6/20 14:40~14:50 NHK BS1
大いなる自然「巨大高山植物~東アフリカ・ケニア山」

002

6/21 10:00~11:50 NHK h
世界一周!地球に触れるエコ大紀行セレクション ウガンダほか
世界各地のエコツアーに参加しながら地球の今を体感していく「世界一周!地球に触れるエコ大紀行」。柴崎アナウンサーはウガンダで、アフリカで最も人気があるといわれるマウンテンゴリラと出会うエコツアーを体験。一方、田代アナウンサーは、ルーマニア東部のドナウデルタを訪れる。広大な湿地帯をボートで移動し、モモイロペリカンなど多くの渡り鳥の生態を観察する。また、開発事業による環境破壊の実態を知る。

6/21 11:00~11:51 NHK h
アメリカ魂のふるさと「大国への礎~ペンシルバニアと首都ワシントン」
自由の鐘とリンカーン ~ペンシルベニア州・フィラデルフィア/ゲティスバーグ
鉄は国家なりき~ペンシルベニア州・ピッツバーグ
大統領と兵士のメモリアル~ワシントンD.C ワシントンD.C

6/21 15:00~16:50 NHK h
ハイビジョン特集 アフリカ縦断114日の旅(1)「灼熱の砂漠を越えて」
母なる大地アフリカ。動物の王国、不毛の砂漠、手付かずの大自然、古代文明の英知、そして多種多様な民族。このさまざまな顔を持つ大陸アフリカの12か国を114日間かけて陸路で縦断するツアーがある。番組では、この旅に同行。壮大な大自然とその地に生きる人々の暮らしに触れる「アフリカの旅」4回シリーズ。第1回は、エジプトからスーダンを走り抜ける旅。

6/21 15:20~16:00 NHK BS2
世界の国立公園「ペルー・ワスカラン国立公園」
世界一高所にある国立公園の美 幻の動物ビクーニャ発見 100年に一度花を咲かせる植物 プーヤ・ライモンデ

|

3.お勧めTV番組情報」カテゴリの記事

文:吉枝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。