2010年6月10日 (木)

満腹あさみ!の外国でグルメ万歳!~キューバ編その2~

P001

こんにちは。この車両は始発から9時まではハンバーグ専用車両となります、井手“恋のブギウギ列車”麻美でっす!

さて本日はキューバの続き。
カリブ海の真珠”と呼ばれる程美しい海に囲まれ、様々な国の文化が影響し、独特な異彩を放ち続けている情緒溢れる私の大好きなキューバ。

観光大国として、多くの観光客が訪れ後を絶ちませんが、皆様、“キューバ料理“と言うとすぐ頭に浮かびますか?日本ではまだまだ馴染みも薄く、情報が少ないキューバの現地食。
今回&次回は、私が先日休暇で訪れたキューバでの現地食を皆様にお届けしたいと思います。

P002

■コングリ
一見,お赤飯!?と思う程似かよっているのですが、これは、キューバの“コングリ”という料理です。
ご存知無い方も多いかもしれませんが、キューバの主食は日本と同じくお米です。
そんなキューバのお米料理の中でも最も良く登場するのが“コングリ”という米と小豆によく似たブラックビーンズを、豆の茹で汁で炊きあげた炊き込みご飯です。
味付けは塩とこしょうで調える程度ですので、極めてシンプルです。お赤飯を彷彿させる素朴な味わいのコングリは、日本人の口にも合うことと思います。

■プラタノ

P003_2

プラタノとは、バナナのことなのですが、日本でよく見かける黄色いバナナではなく、中米やアフリカ等で多く見かける緑色のバナナのことを指します。生食向きではなく炒めたり、揚げたりして食する甘くないバナナです。
以前から存在は知っていたものの、口にしたことが皆無に等しかった私は初めて口にした数年前の時の衝撃的でした。これがバナナ!?と。何度もプラタノに穴があく程眺めながら食したことを覚えています。
食感は薩摩芋とじゃが芋のあいのこのようなほくほくしており、味は、甘くも、塩辛くもなく、無味に近いですので、私はいつも塩、胡椒で味付けし食します。どこか懐かしくほっとする味です。
写真は、バナナの薄切りをフライにしたものですが、更に薄くスライスしたバナナチップならぬプラタノチップも美味しいのです。薄くカラッと揚がっていて、塩味がちょっぴり効いていて病みつきになります。子供のスナックとしても、大人のアルコールのお供としても最適なプラタノはお勧めです。

上記2件の食事はとても質素に見えるかも知れませんが、ある日の昼食時のメニューの一部を一品ずつご紹介しておりますので、他メニューもございますので、ご安心下さい。尚、必ずしも上記の写真の様な料理が出るとも限りませんのでご了承下さいね。

いつ行っても笑顔で迎えてくれるキューバ人。女性一人でも安心して十分楽しんで頂ける魅力溢れる国です。
ぶらりと訪れてみるのもいいのではないでしょうか?

⇒私の大好きなキューバへのツアーはこちらから

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

国12:海に浮かぶ島々(キューバ・ジャマイカ・パプアニューギニア・等)」カテゴリの記事

文:井手(満腹あさみ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。