2010年12月29日 (水)

本場の味を求めて、ちょっぴり海外気分

002

みなさん、こんにちは。夢をたべちゃうぞ、成田“夜明けの掃除機ライダー”佳菜子です。今年も残り、あと2日ですね。みなさん、年越しの準備は万端ですか?私は今年、早目に大掃除を終わらせていたので、ゆっくりとした年末年始を迎えられそうです。
さて今、弊社では私が所属する秘境部だけではなく、多方面のツアーが数多く出発しており、多くのお客様が海外で年越しをされる予定です。この頃になると毎年、「いつか私も海外で年越しを・・・」という思いを馳せます。
そんな思いを少しでも実現させたくなり、先日、横須賀へいそいそと出向いてきました。横須賀と聞くと、皆さんは何を思い描きますか?チースケーキ?横須賀海軍カレー?それとも、横須賀基地ですか?

横須賀海軍カレーと横須賀基地、チーズケーキは有名ですよね。さて、ここで問題です。海軍のみなさんは毎週カレーを召し上がりますが、その理由をご存知の方はいらっしゃいますか?そう、海軍のみなさんがカレーを食べる理由は、長期の航海に出られると曜日の感覚が鈍くなってしまうため、それを防ぐためだそうです。毎週金曜日にカレーを召し上がることで、曜日感覚が鈍る事がないようにしているのです。

001

私が横須賀に足を運ぶのは今回が初めてでしたが、やっぱり外国の方が多くいらっしゃいました。外国の方が営業しているお店も数多くあり、街を散策するだけでも楽しい場所でしたが、一番目に付いたのが、NAVY バーガーのお店です。近年、日本にも様々なハンバーガーショップがありますが、ここのはやはり本場の味です。
NAVYバーガーの誕生は、2008年11月中旬です。毎年、横須賀基地が基地を公開するフェスティバルの際に親しまれている伝統的なハンバーガーのレシピを、横須賀基地から横須賀市へ提供したのがきっかけで、今では「ヨコスカ ネイビー バーガー」と名づけられ、新しいグルメブランドとして親しまれています。
NAVYバーガーは元々、米軍海軍船の見張り要員の食事として提供され始めたのがきっかで、牛肉本来の味を損なわない味付けで、極めてシンプルなものです。みなさんがよく召し上がる日本人向けに様々な材料やソースを用いたハンバーガーとは違っていて、赤みの多い100%牛肉を、肉本来の味を損なわないようシンプルに調理されている、ビッグなハンバーガーです。
お客様のテーブルには、ケチャップや各店ごとオリジナルレシピで作られているソースなどと一緒に運ばれるので、好みの味をかけて食べることが出来る、アメリカの伝統的なスタイルです。
私も、人気店に足を運び、遠いアメリカに思いを馳せながら、本場の味を噛み締めてまいりました。厚みがあるハンバーガーなので、一口でほお張るのは至難の業でしたが、一口で入らない所がまた、よりアメリカ気分に浸らせてくれた気がします。牛肉の味もしっかりしているので、牛肉が好きな方にはたまらないでしょうね。

003

ハンバーガーを頬張った後、私の目の前に止まったのは、とある両替所です。両替所は、大手銀行内や成田空港・羽田空港にもありますが、英語で書かれている看板を掲げている両替所を見たのは初めてでした。
本当は店内に入って色々と見てみたい気持ちがあったのですが、店内には数人の外国の方が居て、安易には入れそうにない雰囲気だったので、外からこっそり見るに留めました。

今、こうしてブログを書いている中、きっと今頃はNAVYバーガーのお店も、あの両替所も、門松などが飾られているのかなと思うと不思議な感じもしますが、また、アメリカに行きたくなったらここに足を運びたいと思います。
もちろん、一番良いのは本場のアメリカを足を運ぶことですので、ぜひ、皆様には弊社の北米ツアーで、足を運んで頂きたいです。

私が秘境ブログ部員になって早9ヵ月、今年は今日が最後の記事になりますが、来年もまた、何卒宜しくお願い申し上げます。
皆様にとって、2010年が良い年であった事を祈りつつ、2011年が更に良い年になります事をお祈り申し上げます。

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。