2011年4月 6日 (水)

満腹あさみ!の機内食万歳!~コンチネンタル航空編~

皆様、こんにちは。春のうらら~の隅田川の屋台、井手“花よりマンゴー”麻美です。今年はちょっぴり遅い春到来で、今か今かと桜の開花を待ち望んでいた方も多かったのでは?桜の開花を迎え、日本が最も美しいとも言える季節に入り、更に日本を愛おしく思う時期でもありますね。
 そして、先日、シーズンを迎えている中米へ、コンチネンタル航空を利用して行って参りましたので、今回は成田~ヒューストン間、パナマ~ヒューストン間の機内食をご紹介したいと思います。

001

●成田~ヒューストン間 到着前 昼食
(キノコクリームスパゲティー、フルーツ、パン、クッキー)
私が利用することが多い、コンチネンタル航空の機内食の中でもキノコクリームスパゲティーが出ることは稀で、個人的にパスタ好きということもあり、こちらの機内食をセレクトしました。
 勿論、機内食ですから、スパゲティー屋さんで出てくるようなアルデンテというわけにはいきません。が、想像した以上に麺にはコシがあり、程良く薫るキノコ風味のクリームソースとマッチし、以外と美味でした。

●パナマ~ヒューストン間 軽食

002

(ハム・チーズサンド、マカロニコールスローサラダ、洋ナシのケーキ)
こちらは、4時間半程度の飛行になる為、軽食にはなりますが、ご覧の通り、かなりしっかりしたボリュームです。
軽食でありながら、サンドイッチはホットサンドイッチですし、ケーキも軽食だと袋に入ったブラウニーやクッキーになりがちなところを、洋ナシのケーキが出てくる辺りは嬉しい限りです。特に、ケーキの上の甘酸っぱいソースと洋ナシの相性が良く、食後の紅茶と共に美味しく頂きました。

003

●ヒューストン~成田間 朝食
(小エビのカクテルサラダ、チキン、パン、ブラウニー)
こちらの機内食では、野菜がしっかりと摂れるところが優れものです。更に、通常の機内食で出るような小エビのカクテルサラダは、ほんの少量の小エビしか使用されないことが多い為、こんなにもふんだんに小エビを使用していると感激します。
そして、個人的に大好物である枝豆が乗っていたことで、更に私の感激度は増しました。
米国線で、こうした食材が出ると、機内食も工夫を凝らしているのだなぁ。と改めて実感します。

我が部署では、最も利用頻度が高いとも言えるコンチネンタル航空ですが、飛行区間や時期によって機内食も若干異なりますので、ご了承下さい。次回は、~中米現地食~をお届け致します。

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。