2011年5月25日 (水)

南米の健康食品 ~アンデスのキヌア~

みなさんこんにちは。坂岸””茉莉です。

本日は南米の健康食品をお届け致します。
「キヌア」ってご存知ですか?
最近日本でも健康食品として注目されてきているものです。

マチュピチュに行かれた方やボリビアに行かれた方は聞いたことがあるかもしれません。「キヌア=QUINUA(スペイン語)」と書き、南米のアンデス地方原産の穀物です。古くから「穀物の母」と呼ばれ、栄養素も豊富で非常に重要な植物だったそう。またNASAが理想的な宇宙食の素材の1つとして評価し、「21世紀の主要食」と述べられています。

そんな、栄養素が高いキヌア。
ペルーやボリビアのパンパと呼ばれる高原地帯に生えていて、色も様々。脱穀して乾燥させると粒つぶの粟のような食べ物です。食べ方は様々、スープに入れるとプツプツとした食感が美味しく、そのまま茹でてサラダに入れてもヘルシー、またコーンフレークと一緒に牛乳を混ぜて食べてもGOOD!
コレステロール値を下げる効果があるそうです。

少し食べただけでお腹がふくらみます。ペルーやボリビアに行った際はもちろん、最近日本のスーパーでも置いてある所もあります。見つけたら、是非、試してみてください。

キヌアで美貌を手に入れたい今日この頃です。(坂岸)

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

国03:ペルー・ボリビア」カテゴリの記事

文:坂岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。