2011年5月 2日 (月)

【共通テーマ】私の好きな山~雄大なるキリマンジャロ~

001

みなさん、こんにちは。娘さんよく聞けよ山男にゃ惚れるなよ、吉村“山メガネ”和馬です。
先日、お客様とお話していた際、ふと尾瀬の東電小屋の話がでました。こんなご時勢、東電小屋はやっているのだろうかと。やっていました。久々の大型連休も残すところ、あと一週間。まだ予定が空いている方は尾瀬ヶ原なんていうのも良いかもしれませんね。という私も実は一度も行ったことはありませんが…。いつかは行ってみたいと心に決めながら、行った気になった回数は数知れません。
ということで、今月の共通テーマは“私の好きな山”です。最近、巷では“山ガール”なんて言葉も登場し、山登りが注目を浴びていますが、我が秘境チームが扱っている地域にも、たくさんの山々がありますが、例えば、これから紅葉のベストシーズンを迎えるカナダ・モントランブラン山、世界最長の滝を流し続けるアウヤンテプイ、コンドルが飛んでいくアンデス山脈…。ひとつひとつの山に、熱い思いが込み上げてきますが、今日はそんな中でも私の一押し“山”をご紹介させて頂きます。
このブログをよくご覧頂いている方には、私、吉村がアフリカ大好き少年というのが既にお分かり頂いていると思いますが、やっぱり今日もアフリカです。そして、アフリカの山といえば、そうです!キリマンジャロです。

キリマンジャロといえば、まるで富士山を大きくしたかのような、美しいシルエットが印象的で、アフリカ大陸最高峰の標高5,895メートル。毎年数多くの登山者たちが挑む、その頂は、神秘さと美しさから今も昔も現地に住むマサイ族たちにとって信仰の対象になっています。
現在ではタンザニア領に位置するキリマンジャロですが、かつてはケニア領。このあたりのいきさつは「クネっと曲がった国境線」でご紹介していますので、ご一読を。
先程もキリマンジャロは美しい!ということを申し上げましたが、キリマンジャロが最も美しく見られる場所と言われてい

002

るのが、「キリマンジャロの雪」が執筆されたとも言われるアンボセリ国立公園です。このアンボセリは動物たちが数多く生息するサバンナ地帯。ということは視界がガバっと広がっていますので、天候にさえ恵まれれば、目の前にキリマンジャロの雄姿がご覧頂けるはずです。更に運が良ければ、そのキリマンジャロの雄姿を背景に動物たちが悠然と歩いている姿が…。これが見られれば、あなたもアフリカが一気に好きになること間違いありません。キリマンジャロは登るだけが楽しいんじゃありません、見るだけでも充分楽しめます!
これから7月~10月はケニア・マサイマラに動物たちが集まるサファリのベストシーズン!さぁ、アフリカ最高峰キリマンジャロを見に行きましょう!

【共通テーマデー「私の好きな山」】
〔添乗見聞録編〕
〔倶楽部ユーラシア編〕
〔ぶらり秘境探検隊編〕
〔ろまねすく通信編〕
〔船の旅便り編〕
〔パゴタの国からミンガラバー編〕

|

国09:ケニア・タンザニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。