2011年7月14日 (木)

徒然添乗員の独りポエム:雲

003

みなさん、こんにちは。私の脳はクラウドで保存、岩間“Oh!クラウディア”裕子です。 
添乗の仕事をするようになり、それ以前と変わった事、それは

002

沢山あるが、その一つに自然などに目をやるようになった事がある。添乗中の天気を気にしてか、よく空を見上げたり、星を眺めてみたり、道路わきの小さい花にも目がいくようになった。ごく普通のことでも、前は余裕がなかったのか、興味がなかったのか、多分、意識してなかったのだと思うが、今はそれが添乗中でない日本にいても空を眺めたりしている事が多くなった気がします。古くからの友人は私が何気なくつぶやく「今日は星がきれいだね」とか「あの花、見て!」などの言動に心底、この子どうしちゃった?的に驚いていました。

005

そんな中で、私が一番興味深く見ているもの。それが「雲」です。昔、孫悟空が乗っているのを見て羨ましかった人は多いはず。小さい頃は本当に人間が乗れるものだと思っていました・・・。雲ひとつない真っ青な空、これはこれで好きです。雲は時には見たかった山や景色をすっぽり覆ってしまうこともある。雲よ、どけーっ、なんてしょっちゅう心の中で叫んでいるし。が、

004

それでも、やっぱり雲はいい。その時によって色も違うし形も様々。スコール前の湿ったようなちょっと怖い雲もあるし、ソフトクリームのような美味しそうな雲。眺めているだけで色んな想像が膨らみ、それだけで楽しめるものです。これからも自分のベスト・オブ・雲を見上げ探し続けていきたいです。

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。