2011年8月19日 (金)

夏だからこそお正月の話もいいかも・・・

004

みなさん、こんにちは。さて今年もあと134日かぁ来年はなにしようかな、岩間“未来予想道路マップル”裕子です。先日、発表された2011年、年末出発ツアー。汗をかきながら、セミがミンミン鳴く道を歩く毎日で、頭は年末のツアー?!月日が経つのがいやに早いはずですね。
私も今まで、色々な国で年末年始を過ごしてきましたが、今度はどこかな?皆様にも少し早いかも知れませんが、2012年をどこで迎えるのか?ちょっと想像してみませんか?

2011~2012年末年始特集はこちら

今回は、初日の出は是非ここで!のお勧めツアーをご紹介させて頂きます。それは、アフリ

002

カ最南端のアグラス岬で初日の出を迎える『アフリカ大陸最南端アグラス岬と喜望峰、南部アフリカ4カ国周遊9日間』最南端というと、喜望峰を思い浮かべる方も多いと思います。が、この喜望峰、実は最南端ではなくアフリカ大陸の最西南端で、本物の最南端というのが、喜望峰の南東に位置したアグラス岬です。初日の出をアフリカ大陸の最南端から拝む。私は、2010年の幕開けが、ここアグラス岬でした。

001

1月1日、元旦。この日は未明にホテルを出発します。ホテルのロビーには、夜中中、パーティに明け暮れる人、バーで飲んでいるお客さんや、酔っ払ってホテルへと戻ってくるお客さん。しらふでホテルを出発する私達にみんな、「こんな時間からどこへ行くの?」とびっくり顔「初日の出を見に行ってきます」、びっくり顔は眉間にしわをよせ「初日の出・・・」つぶやくような声が聞こえた。南アフリカには初日の出を見る習慣などないらしく、理解しがたいような眼差しに見送られ、まだ真っ暗い中、お月様の光に照らされた道をひたすら走りアグラス岬へと。
到着したアグラス岬は、華やかな喜望峰とは対照的に、びっくりする程何もない。そして案

003

の定、日の出を待つのは私達意外に誰もいませんでした。目の前は2つの大洋、大西洋とインド洋が出会うところ。波の音、海の風が少し肌寒い岬はまさに最南端という言葉がぴったりあてはまる場所。そんな岬を独占し、海からのんびり、のんびり昇る太陽。新しい年を迎えたのでした。花火があがったり、人々で賑わう場所もいいですが、私は断然こちらがお勧め!!浪漫をかきたてる大海原を前に2012年を迎えるのはいかがでしょうか?


【年末特別企画】~アフリカ最南端で迎えるお正月~
アフリカ大陸最南端アグラス岬と喜望峰、南部アフリカ4ヶ国周遊 はこちら

アフリカ年末年始ツアーはこちら

|

国08:南部アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。