2011年8月15日 (月)

未来日記(イグアスの滝とパタゴニア氷河への旅の場合)

みなさん、こんにちわ。吉村和馬です。

さて、お盆の帰宅ラッシュ渋滞もそろそろ収束を迎えてきた今日この頃。次は年末に向けて、遊びの計画を立てる方々も多いのではないでしょうか。ということで、本日は「中南米で迎えるお正月」をテーマにお送りします。
既にご覧になられた方も多いかと存じますが、弊社ホームページで年末ツアーが続々発表中です。我が秘境チームの扱っているツアーはこちらから!

Al

年末のご旅行ということもあり、早々にお申込を頂戴しているツアーが続出している中で、本日、特にご紹介させて頂くのは、「イグアスの滝とパタゴニア氷河への旅 10日間」です。
それでは、ここから先は、日を追って、ツアー内容をご紹介させて頂きます。

【※ご注意】あくまでも年末に合わせた想像ですので、実際のツアーとは異なる場合も多々ございますので、予めご了承下さい。

【第1日目:12/25】
町中がイルミネーションに彩られたクリスマス・イヴ。年内の仕事を片付けて急いで成田空港へ。そのまま、一路アメリカへ。機内では、仕事に追われた年末の疲れを癒すために、しっかりお休み下さい。夢の世界は、世界三大瀑布イグアスとモレノ氷河!
【第2日目:12/26】
航空便を乗り継ぎ、日本の反対側パタゴニア・カラファテへ。おそらく、ゆっくりした南米人なので一日遅れのクリスマスツリーがご覧頂けるかも、です。見れるといいなぁ。たとえクリスマスツアーがなくても、このカラファテはとってもかわいらしい街。
少し街歩きをするだけでも気分はノリノリです。

Moreno

【第3日目:12/27】
この日は少し早起きしましょう!何故かって?日程にもあるように、一般の観光客より早めにモレノ氷河へ行くためです!目の前にドーンと広がる、ビル30階建ての高さを持つ氷河の迫力が、自分だけのものになる一瞬です。ボートクルーズを挟んで、午後、気温とテンションがあがってきたところで、寒さに耐えながら必死に氷河とにらめっこ。「ドカーン」と音が聞こえて振り返ると、既に時遅し。氷河は崩れてしまっていますので、欲張らず、目の前の動きだけに集中していると…。見れました!氷河の崩落!この一瞬だけでも、地球の反対側からやってきた価値があります。
【第4日目:12/28】

Hiking

昨夜の崩落の余韻に浸っていると、ついつい寝不足になりがち…。でも、今日もハイライト!氷上トレッキングにご案内します。この氷上トレッキング。必要なものは現地にて貸し出しがあるので、持っていく持ち物は、カメラと防寒具、そして元気。美しい青と白の世界が皆さんをお待ちしております。生きてて良かったぁと、訪れる度に思ってしまうほどの私一押しの体験です。ザクザク歩いたあとは、何万年も凝縮された地球からの贈り物を、カランとグラスに落とし、オンザロックをお楽しみください。
【第5日目:12/29】
いよいよパタゴニアとはお別れ。次に目指すは“母を訪ねて三千里”の舞台。ブエノスアイレスです。じっくりと“南米のパリ”を観光して頂いた夜、タンゴショーにご案内。添乗員の中には、このタンゴショーに惚れ込んでしまい、帰国後に習い始めた方もいるとかいないとか。とにかく、疲れと眠気に負けず、最後までタンゴショーを愉しんでください!
【第6日目:12/30】
2011年も残すところ、あと2日!この二日間はたっぷりイグアスの滝を満喫します。何とも贅沢な年の瀬!まずはアルゼンチン側のイグアスの滝へ。トロッコに乗り込んで、いざ「悪魔の喉笛駅」へ!トロッコから降りて遊歩道を歩く20分間…。2011年の思い出がこみ上げてきます。今年の後悔は明日まで大事にとっておいてください。そして、トボトボ歩きついた先には、言葉では到底表現できないほどの水量!ゴォゴォとうなるほどの轟音は、まさに「悪魔の喉笛」という名前に相応しい。
【第7日目:12/31】

Iguasu

いよいよ大晦日。まずは準備運動がてらにイタイプーダムと三国国境地点へ。その後、最後のハイライト!ブラジル側の観光へ向かいます。ブラジル側からみるイグアスの滝は、何と行ってもその広さがよく分かります。至るところから流れ落ちる滝のほとんどには名前がついておりませんが、その絶景はまるで桃源郷。そして遊歩道の最後には、1年の全てを洗い流す、とっておきの場所がお待ちかね!滝の中へせり出すように設置された遊歩道を歩けば、頭から水しぶきをかぶります。世界三大瀑布の滝の音は、まるで煩悩を打ち消す除夜の鐘さながら。そして、現地で食べる最後の晩餐。そして夜は更けていきます。
【第8日目:1/1】
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ということで、一路、帰国の途へ。機内ではゆっくりと2012年の旅の計画を練りながら、お休み下さい。
【第9日目:1/2】
ニューイヤーで沸き返るアメリカ内都市で乗り継いで、頭の中は日本で食べるお雑煮とおせちのことばかり。あっ、年賀状も書かないと!
【第10日目:1/3】
成田到着!おそらく、年末を海外で過ごした方々でごった返しているであろう成田空港。でも、きっと一番2011年の年末を愉しんでのは私たちのはず!多くの思い出とともにご自宅までお帰り下さい!

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。