2011年10月 7日 (金)

最新♪今年のカナダの紅葉報告(ローレンシャン)

P2みなさんこんにちは。松茸、焼き芋、焼き栗、鰹のタタキ、柿!坂岸“モグモグ…”茉莉です。

私は先日、紅葉の時期に行くカナダのツアーより帰国致しました。私の出発は、まだまだ残暑が厳しい9月23日でした。最高気温は30度を超えていた日本でしたが、帰国した日暮里の駅、爽やかな「金木犀」の香りを感じました。私の家の目の前も、満開に小さなオレンジ色の可愛らしい花が香りを振りまいています。日本も急に初秋と通りこして、晩秋みたいな気温になりましたね。皆様も、気温の変化にお身体を壊さないようにお気をつけ下さい。

P3早速ですが、今年のローレンシャンの紅葉状況を報告したいと思います。
カナダの国旗の絵柄にもなっている楓(メイプル)、カナダの国旗にも現されているぐらいですから、カナダ全土に生えていると思われがちです。確かに、西部のロッキーでも2種類ぐらい見られるそうですが、100種類以上ある楓のほぼ95%はカナダ東部にしか生えていないそうです。それは、楓が必要とする湿気が西武には無いからだとか。

その、100種類以上ある楓。このメイプルの葉が色づくのが例年9月下旬~10月上旬です。日本の紅葉は、赤なら赤、オレンジならオレンジ、と場所によって色が分かれる場所が多いかと思いますが、カナダのそれは交じり合っているところに美しさがあります。1つの山を見ても、赤く染まらない常緑樹の緑、紅葉が始まったばかりの薄い赤や黄色、オレンジや深い朱色。言葉では言い表せないようなグラデーションが広がります。私はこのカナダの紅葉が大好きです。どこの1シーンを切り取っても、同じ風景は2つとありません。

お客様と一緒に、紅葉狩りを楽しみました。色、形、さまざまですが、ポケットいっぱいに拾っ

P1ているお客様もいれば、吟味した上、1枚2枚をお持ち帰りになる方も。私もそっと1枚、色と形とともに気に入ったメイプルの葉を、ノートに挟んで、カナダの大切な思い出として持ってかえってきました。日本もこれから紅葉本番の時期ですね。日本の風情ある紅葉狩りにでも出かけたい気分です。(坂岸)

|

国07:アメリカ・カナダ」カテゴリの記事

文:坂岸」カテゴリの記事

テーマ:世界の●●」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。