2011年11月18日 (金)

ナリタジーニョのブラジル通信:やっぱり人気な日本食

皆様、こんにちは。モモクリ3年カキ8年、成田“クリキントン歴14年”佳菜子です。11月も中旬になり、そろそろ東京でも紅葉を楽しめる季節を迎えましたね。ユーラシア旅行社がある永田町駅はイチョウ並木があり、まもなく本格的に黄色く色づきそうで、今から楽しみです。

Japanese

突然ですが皆さま、今食欲の秋を迎えていますが、食わず嫌いってありますか。ユーラシア旅行社旅行社の社員の中にも食わず嫌い?いや偏食家が多数いますが…。私もいくつかあるのですが、先日、1つ克服致しました。それは、今が旬の“栗”!丹波栗の焼き栗を食べたのですが、美味しさにビックリ。今まで食べずに居た時間を、少し後悔したほどでしたと。やっぱり日本食は美味しいですね。

Cake

日本食、それは海外でも健康食として知られていますが、私が愛するブラジルでももちろん人気です。中でもサンパウロにはたくさんの日本食レストランがあるのですが、様々な系統のお店があるのが、ブラジルならではかと思います。
まずは、「本家日本食」。現地に住む日本人や、出張で出向いた日本人、または高所得のブラジル人が足を運ぶお店で、お店によっては畳のお部屋もあります。
次は、「移民日本食」。客層は日系人がほとんどのため、多くのお店は東洋人街にあります。日本食とアジア食が合わさったような料理もあります。
最後は「トレンド日本食」。アメリカの大都市などで日本食を知ったブラジル人が、母国へと帰国し、健康食増進のためにビジネス街やショッピングセンター内に開いたお店です。最近では健康食思考のブラジル人も増えてきていて、中小都市にも少しずつお店の数を増やしていっています。

Bento

お店の系統は様々なブラジルですが、系統問わず人気なのがお寿司。中でも、ハンバーガー感覚で食べられる手巻き寿司が人気で、専門店も出店されているほどです。具材では、日本でも最も人気があるまぐろが1番人気かなと思いますが、ブラジルではまぐろよりサーモンの方が人気なんですって。最近ではbentoも人気が出てきています。

健康増進のためではなく、ブラジルの方にも、もっと日本を身近に感じて頂けたら嬉しいです。

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。