2012年5月21日 (月)

世界のお土産 ~私の愛する人形編2~

Simage2_2 みなさんこんにちは。ドールで暗くなったと思った!坂岸“きんかん食べたい”茉莉です。

皆様は金環日食見ましたか?私も準備しておいた専用メガネで6時半から待機、10分毎に太陽の欠け具合をスケッチする家族の横で、朝食を食べては外に出て、シャワーを浴びては外に出て、新聞読んで外へ出て、を繰り返しておりました。そして31分!ついに環になった太陽と月の影を見ることができ、未だ興奮やまない方も多いかと思います。

さて、本日は日食とは全く関係のないお話ですが、私が昔に「人形コレクター」だというブログを書きました。そして、あのブログを書いてからも、様々な人形たちが我が家にやってきました。本日はそんな人形をまたまた少しご紹介。

Simage1 私は顔がある人形が好きで、ぬいぐるみには興味がありません。この左の黒人の女の子はウガンダの女の子。ウガンダの女性が身に纏っているカラフルな布を同じく身に纏い、黄色い帯をつけています。髪の毛もパーマがかかっているような、あちらの女性を体現していて、本当に心が癒されます。

そして、次に三つ子のお人形。これは私の家Sdscf6421にいるペルーのインカちゃんとは違い、道端で見かけた三つ子ちゃんです。アフリカとは違った南米のアンデスらしい模様が特徴。パッチリした目が愛らしく、笑顔にやはり癒されますね。

今年2012年の私はとっても人形に囲まれた半年でした。3月のスペインの添乗では、私の大好きな人形を燃やすという・・・「バレンシアの火祭り」を見て来ました。マイケルジャクソンの人形、ビンラディンの人形、貴族の人形やスペイン政治家の人形、など様々な人形達が燃やされていました。そし て、同じく3月、成田空港にて目を落とすと、大きな雛人形が飾られていました。あぁ、なんだか良い年になりそうだなと温かい気持ちになり、つい写真を撮ってしまいました。

Simage3 次は私の友人が買ってきてくれた、キューバの可愛い人形を勝手に紹介したいと思っております。(坂岸)

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

文:坂岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。