2012年5月25日 (金)

ジャガイモだけで300種類!

Peruジャガイモやトウモロコシ、トマト、カボチャ、らっかせいなどの野菜の故郷は南米アンデス地方。ペルーを植民地としていたスペイン人が自国へ持ち帰ったことから、世界中へ広まっていったそうです。ジャガイモだけでも300種類!ペルー、とりわけアンデス地方ではジャガイモの栽培が盛んです。ナスとキュウリの葉の区別も着かなかった私がペルーで料理を作るには必死の修行が必要だと感じる水島です。

インカ帝国が栄えたアンデス地方の大半は、海岸沿いに伸びる乾燥した砂漠地帯と、標高3千メートル級以上の山々が連なる乾燥した山岳地帯で成り立っています。アンデスの人々はそのため、つねに食料を安定して確保できるように、自分たちの住む土地に適した作物の栽培や新しい耕作技術の開発などを古くから行ってきたのだそうです。

 アンデスの人々が農業を営む上で最も重要だったのが水。かなり早い時期から、貯水槽や水路を建設して感慨農業を行ってきました。特に、険しい山岳地帯の高地では、丘陵地の斜面を利用して段々畑を切り開き、そこに灌漑施設をきずいて、ひな段耕作を行ってきました。人気の世界遺産、マチュピチュにも切り立つ山の斜面を旨く利用した段々畑が広がっていますよね。Pisac


 このように風土が厳しいアンデスの耕地で古くから栽培されてきたのは、寒冷地に強いジャガイモでした。インカの人々は乾燥食品をつくった最初の人々だったとご存知でしたか?チュニョという乾燥ジャガイモ食品を作り、帝国中の食料備蓄庫に蓄えたそうです。

この乾燥イモは、今でもアンデスの人々の重要な主食で、水に戻してスープなどに入れて食べます。ジャガイモを使った料理はたくさんあって、フライドポテトと野菜、牛肉を炒めた「ロモ・サルタード」がペルーのどこでも食べられる国民食として人気です!

→ペルーツアーの魅力はこちら

|

国03:ペルー・ボリビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。