2012年6月 4日 (月)

バカルディ・モヒートでサルー♪

Dscf1143 みなさん、こんにちは。岩間裕子です。今日も暑かったですね。こんな日は仕事帰りにビール!いいですねぇ。でも、月曜日から飲みに行っていたら金曜日まで体がもたない?!なんて方に是非おススメなのは、4月29日に日本上陸した「バカルディ・モヒート」どこでも置いてはないようでしたが、一部のコンビニなどでモヒートが気軽に買えちゃうのです。帰りに1、2本買ってちょっとお家で一杯、なんて時にどうですかね?

モヒートと言えば、我が担当地域の特産品(?)ベースはラム。ミントの葉にライム、砂糖を加え、ソーダ水も混ぜる。あのヘミングウェイが愛したお酒としても有名で、ハバナの旧市街にある「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」によく通っていたとか。キューバのツアーでも訪れます。ただ、そこで使われているのはハバナクラブ。今回上陸の缶モヒートはバカルディです。

Dscf1137 このバカルディ・ラム工場、1862年にドン・ファクンド・バカルディが小さな工場を買い、キューバのサンチャゴデクーバにバカルディを設立したのですが、その後のキューバ革命の際、国外へと・・・。3月に添乗で行ったプエルトリコ。ここにバカルディのラム工場があります。博物館もあり、ラムやバカルディの歴史をフイルムでみたり、バーテンダーによるカクテルの作り方の案内などがあります。そしてお好きなラム2杯つき!!とまぁ、観光の終わりには皆様、ほろ酔い?!

まだまだ、日本では馴染の薄いお酒かもしれませんが、是非、一度、お試し下さい。(岩間)

|

テーマ:食べ物・飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。