2012年8月15日 (水)

イグアスの滝で涼む

Iguacu暑い毎日、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?お盆休みで、様々な避暑地にお出掛けになっていらっしゃる方も多いかと思います。今日は涼しい滝の写真でクールダウンしたい水島です。

ナイアガラ、ヴィクトリアと並ぶ世界3大瀑布のひとつ、イグアスの滝。イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンとパラグアイの国境地帯に広がる密林地帯を縫うように流れるイグアス川の屈曲点に轟音をたて、観光客にはダイナミックな景観を見せてくれます。

現在、東京都より若干広いイグアス川流域に広がる自然が国立公園に指定され、4分の3はブラジルに、残り4分の1はアルゼンチン側に属しそれぞれ別個に世界遺産に登録されています。

アルゼンチン側では、「悪魔ののど笛」と言われる滝つぼの近くまで続く遊歩道を進むと、70mほどの落差がある滝つぼから水煙が轟々を立ち上り、そこで水しぶきに襲われながらの記念撮影。

ブラジル側にも、滝が横に連なるパノラマを楽しみながら歩ける遊歩道が整備されていて迫力満点!Iguacu2_2

そのダイナミックなイグアスの滝の様相は、ルーズベルト元大統領夫人の、「かわいそうな私のナイアガラ」という有名な言葉からも分かります。

 気になる滝の水量ですが、その年の気象状況によっても大きく異なりますが、普通は雨季から雨季の終わった直後の10月~5月。この時期は大迫力の滝をご覧いただくことができます。けれども、イグアスの滝は乾季にひどく水量が減るわけでもなく、水量もほどほどなので雨季は水煙があがりすぎて見えない滝つぼや、滝の素顔を青空のもと見たいということであれば、水量がある程度おさまる乾季もまたお勧めです。

 

|

国02:ブラジル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。