2012年11月 1日 (木)

【共通テーマ】「いつかはここで新年を迎えたい

みなさん、こんにちは。久々の登場、吉村“新しい自分を探していました”和馬です。

42009img_6739 さて、今月の共通テーマは「いつかはここで新年を迎えたい」です。
ユーラシア旅行社に入社して以来、毎年、世界各国で新年をお客様とともに迎えさせて頂いております。お国変われば、祝い方もそれぞれ。自然の中で迎えることもあれば、多くの観光客とともに祝ったり、日付変更線を越えて、いつの間にか新年になっていたり…。

Aguras1 新年といえば、やはり初日の出。カンボジア・アンコールワット、グアテマラ・ティカル遺跡、南アフリカ・アグラス岬、サハラ砂漠…などなど、例を挙げれば切りがないほど素敵な初日の出があります。初日の出を特別な場所で浴びながら、一年のスタートを切るのはやはり気持ちが良いものです…。

さて、本題の「いつかはここで新年を迎えたい…」ですが、個人的には新年ぐらい、ゆったりと新しい一年の計画を練りたいなぁという思いから、南の島での新年が良いのでは?と思ってみたり。

Jp6761 南の島の水上コテージから、水平線よりあがってくる初日の出を望む…。ロマンチックな新年ではないでしょうか。思い当たる場所としては、タヒチであったり、セイシェルであったり…。新年から南の島への単独旅行は少しせつない気がしないでもないですが、そこを少し我慢しさえすれば、初日の出を一人占め的な幸せ感が得られることでしょう。
初日の出を眺めたあとは、優雅な元旦。泳ぎたくなれば海に入り、眠りたいときには波の音が子守唄になり、そして静かに読みたい本を読む…。私にとっては極上の休日。テーマは「何もしない新年の始まり」。いかがでしょう?ゆっくり休んでこそ、新しく始まる翌日からの364日を、これでもか!というぐらい励むことができるのではないでしょうか。

残すところ、今年もあと2ヶ月。やり残したことはありませんか?年末を海外で迎える方は、そろそろ計画を立て始めないと!です。

「水上コテージで迎える初日の出」がいつの日か実現することを願いながら、今日の日本シリーズ天王山を待ちたいと思います。


【共通テーマデー】「いつかはここで新年を迎えたい」
◆[添乗見聞録編] モロッコ
◆[倶楽部ユーラシア編] チベット
◆[ろまねすく通信編] 初日の出を一番最初に拝める場所

|

テーマ:社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。