国12:海に浮かぶ島々(キューバ・ジャマイカ・パプアニューギニア・等)

2012年11月20日 (火)

チェ(おい!)ゲバラ~!(キューバ・アルゼンチンア)

S100_0413 みなさんこんにちは。VIVA!坂岸”チチェニッツァで春分の日の奇跡が見たい!”茉莉です。

毎日毎日寒くなりますが、本日木枯らし1号が東京にも吹きあれました。ユーラシア旅行社の社内はなぜかパソコンやプリンターがあるせいか非常に暑いのですが、外は一転真冬の寒さですね。
さて、最近会社の上司からチェ・ゲバラの本やDVDを大量に寄贈して貰いました。キューバやボリビア、否、中南米全体のヒーロー像のアイコンとして有名なゲバラ、私たち秘境班が彼を嫌いな訳がございません。
改めて、彼の伝記やゲバラの語録等を読み返してみている今日この頃です。

さて、本日はセクシーなアルゼンチン人のスペイン語に憧れる私が、アルゼンチン人の独特の言葉遣い「チェ・ゲバラ」の“チェ”に関してちょっとご紹介!

続きを読む "チェ(おい!)ゲバラ~!(キューバ・アルゼンチンア)"

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

満腹!あさみのお酒!万歳~キューバのカクテル~

S100_0213 みなさん、こんにちは。一升瓶片手に今宵もデート!井手“酔わせてみてよ”麻美です。GW前半戦は、いかがお過ごしでしたか?最近、急に気温、湿度共に高くなり、蒸し暑い日々が続いていますね。暑くなり、ビールやアルコール類の美味しい時期が到来ですね。
そこで、今回は、キューバのお勧めアルコールをご紹介したいと思います。キューバで、最も代表的なアルコールは、キューバ特産の「ラム」をベースにしたカクテル類でしょう。「モヒート」、そして、「フローズン・ダイキリ」、「キューバ・リブレ」「カン・チャンチャラ」等が主に挙げられます。どのようなカクテルか少しご案内致しますと。。

続きを読む "満腹!あさみのお酒!万歳~キューバのカクテル~"

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

初体験・ウミガメにタッチ!!(グランドケイマン)

みなさん、こんにちわ。囲われる生活に憧れて、岩間“私はカメになりたい”裕子です。さて、今日は前回と同じ、西カリブ海クルーズツアーでの出来事。癒され編に続き、初体験編です。

Dscf0301

それはクルーズ中に寄港地でもあるイギリス領ケイマン諸島、グランドケイマンでのこと。珊瑚礁に囲まれた亜熱帯の島々でカラフルな魚達が泳ぎまわる海は人気のダイブスポットでもある。そんなマリンスポーツと共にグランドケイマンで人気の観光スポットといわれている場所がある。それが「タートルファーム」世界で唯一と言われるウミガメ養殖場だ。コロンブス時代は海にも島にもウミガメだらけだったのは大昔の話し。その後の乱獲などで激減する一方のウミガメの調査などを行い、海にかえす事をしている。
(もともとはウミガメの肉を売るのが目的だったそうですが。)

続きを読む "初体験・ウミガメにタッチ!!(グランドケイマン)"

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

満腹あさみ!の現地食万歳!~キューバ・スイーツ編~

みなさん、こんにちは。スモールライトがあったなら、井手“アイスクリームに溺れたい”あさみ先日、ユーラシア旅行社のツアーでキューバへ訪れましたので、キューバの甘~い♪お話について、ご紹介します。甘~い♪というのは、何も恋愛話ではなく、今の、この日本の寒い冬に最適なスイーツについて、お話させて頂きます。キューバは、ご存じの方も多いでしょうが、現在も配給制度が残る程、生活用品や食料品等の物資が全般的に品薄です。実際に、現地のローカルレストラン等で食事を取ると、キューバの食料品の薄さを目の当たりにすることでしょう。でも、そんなキューバでも、皆の好きな物は、甘い物なんです。但し、日本の様に、様々な種類のデザートがあるわけではありませんので、お店にあるデザートと言えば、殆ど、アイスクリームかフラン(プリン)位です。

Girls

現地の人々に、どのスイーツが好き?と聞くと、9割位はアイスクリーム!という答えが返ってきます。それも、主要な町のメイン通りを歩くと、納得できます。通りには数十m歩く毎に、アイスクリーム屋さんがあり、どこのお店も長蛇の列が出来ているのです。男性、女性、老若男女問わず、道行く人々の多くがアイスクリームを頬張っているのです。

続きを読む "満腹あさみ!の現地食万歳!~キューバ・スイーツ編~"

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

キューバに行ったのなら・・・

2

みなさん、こんにちは。季節の変わり目は何だか躍りだしたくなっちゃう、岩間“ダンシングクイーン”裕子です。昨日、家でボーっとテレビを見ていたら、ケーブルで私の大好きな映画がやっていて、ついつい見入ってしまった。「ダンシング・ハバナ」と言う映画ですが、舞台はハバナ。キューバのダンスと音楽が存分に楽しめる映画なのです。
まぁ、映画の話は置いといて、そんな映画を鑑賞しながら昨日はどっぷりキューバを思い出し浸ってしまいました。

続きを読む "キューバに行ったのなら・・・"

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

ペル-→フランス→タヒチを歩んだ有名人は?

P1みなさんこんにちは。「我々は家から来たのか、我々は社会人か、我々は会社へ行くのか・・・」坂岸”休暇推進委員会書記”茉莉です。

本日のブログのタイトルを見て、何か思い浮かべる人が居ますか?そう、きっとご存知の方も多いハズ、1848年に生まれたポール=ゴーギャンの歩んだ道のりです。
私は先日ロシアの添乗でエルミタージュ美術館に行って参りました。建物の2階にあるルセッサンス前後のイタリア、スペイン、オランダ、フランダースなどの各国美術も素晴らしいのですが、やはり私はついつい3階の印象派の展示に足が急いでしまいます。
そしてそこには驚く程のゴーギャンのオリジナルの数々の絵が展示されているのです。

続きを読む "ペル-→フランス→タヒチを歩んだ有名人は?"

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

キューバ人の歌声から見るスペイン語講座

P2みなさん、こんにちは。今日もサラブレット競走馬!!坂岸“キサス・キサス・メイビー”茉莉です。

先日、それは7月9日、新聞を見ながら衝撃のニュースを発見しました。キューバの大ギタリストであり、ブエナビスタソシアルクラブで活躍したマヌエル・ガルバン氏が心臓発作で亡くなったとのことです。享年80歳なので、大往生ではありますが、残念ですね。キューバ人の魂がまた1つ消えました。ブエナビスタソシアルクラブと言えば、カーネギーホールで演奏したライブ盤のCDがとっても有名ですが、私も学生時代に聞いたそのCDで、オマーラ・ポルゥオンド(まだご健在です)が観客を盛り上げながら唄っている哀愁ある歌声にしびれたものです。

そのCDの、オマーラの歌声の名曲「キサス・キサス・キサス」。

続きを読む "キューバ人の歌声から見るスペイン語講座"

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

極寒の地と常夏の楽園 (モスクワ&タヒチ)

Moskwa みなさん、こんにちは。冷え性の救世主!川井“あったかポッカイロ”あゆみです。

本日、1月20日は「大寒」。一年のうち、最も寒さが厳しい時期です。寒さに負けず、元気にこの寒さを乗り越えていきたいですね。
さて、寒さといえば、私の経験したことのある最も厳しい寒さは、冬のモスクワでの寒さでした。
年末にシリアに添乗で行き、その乗り継ぎ地がモスクワだったのです。乗り継ぎ時間が数時間あったため、予め、モスクワの市内観光が予定に入っていました。
飛行機がモスクワの空港に到着すると、現地の気温はなんとー23℃というアナウンス。空港で厚手の上着をスーツケースから出そうと思っていたのですが、少しフライトが遅れたこともあり、スーツケースはその場でピックアップせずに、日本でピックアップをすることに。その時の私の格好は、長袖シャツに薄手のウインドブレーカーという格好。

続きを読む "極寒の地と常夏の楽園 (モスクワ&タヒチ)"

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

世界の街角一丁目 第17回(タヒチ・パペーテ)

P1 みなさん、こんにちは。あ~私の恋は南の風にのって走る、坂岸“JR特急南風”茉莉です。

アメリカに旅行をした時に仲良くなった17歳(♂)、こんがり日焼けした肌、白い歯、そして体格の良い優しげな彼、「出身は?」と聞くと、「タヒチだよ」と。タヒチ?聞いたことはあるけれど、どこにあるんだろう、それが10年以上前に聞いた、私のタヒチ人とタヒチのイメージでした。

さて、そんな具合で知ったタヒチ。

「リゾート地、カップル、青い海、新婚旅行、水上コテージ・・・」
そんなイメージが先行してしまう場所ですが、本当にそうでしょうか??

続きを読む "世界の街角一丁目 第17回(タヒチ・パペーテ)"

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

ちょっと贅沢、タクシー大好き~キューバ編~

Pcar1

みなさん、こんにちは。岩間無線株式会社副社長!“兼飲むなら乗るな!推進委員会長”裕子です。
暑さと蝉の声でよく眠れなかった夏場の睡眠不足を解消するかのように、最近よ~く眠れます。暑すぎず、寒すぎず。良い季節がやってまいりました。成田のブログにもありましたが、こんな時は秋の景色や匂いを感じながら公園や街を散歩したら、気持ちいいでしょうね~。同感です。
が、しかし実際は、なかなかそんな『爽やか散歩』ができないのです。不精者の私は学生時代に車の免許をとってからというものの、家から徒歩10分以内の場所に行くのでさえ車を出してしまうし、出先でちょっと迷いながら歩いていたりすると、すぐタクシーを使おうとしてしまいます。毎回、乗るのに何かしら理由をつけ、贅沢だなぁ、と思いながらも、なぜか自然と手をあげてとめてしまう。一体、何なのでしょう、あのタクシーの魅力。
今回はそんな魅力のタクシーの中でもかなり『いけてる』キューバのタクシーをご紹介します。 

続きを読む "ちょっと贅沢、タクシー大好き~キューバ編~"

| | コメント (0)